HOME » 水素水での改善効果が期待できる症状

世界から注目される水素水の効果

水素水は、飲むだけでさまざまな病気や症状の改善効果が期待できる革命的な存在。これまで浮かんでは消え、消えては浮かんできたいろいろな健康食品やグッズと大きく違うのはその効果が続々と立証されているからなんですね。 そこで、ここではどんな病気や症状を改善する効果があるのかピックアップして説明していきましょう。もしかすると、あなたの悩みが水素水で嘘のように改善するかもしれません!

水素水の効果が期待できる病気や症状を検証

1

老化

避けることのできない老化。増加する体内の活性酸素によって免疫力が衰え細胞の酸化が進んで肌をはじめ様々な機能の低下が進みます。水素水のもつ活性酸素除去作用によって、細胞がサビるのを抑制。活性化することで老化のスピードを緩やかにすることが期待できるといわれています。水素水の効果の中でも、最も一般的です。

 
2

アトピー/アレルギー

日常生活によくみられる要因に由来するアトピーやアレルギー反応。強いかゆみや湿疹、皮膚の炎症などさまざまな障害が起こります。その原因は外部からの刺激やストレスなどさまざま。このような要因から発生する悪玉活性酸素による過剰な反応を抑え細胞の持つ免疫力を高める水素水の力について具体的に説明します。

 
3

肥満

肥満は生活習慣病やめたオリックシンドロームを引き起こす大きな要因であり動脈硬化による心疾患や脳血管疾患のリスクの上昇をはじめさまざまな内臓疾患や関節障害を起こす原因ともなります。水素水には新陳代謝促進作用があり、これによって肥満が改善することが既に肥満マウスによる試験によって明らかになっています。

 
4

むくみ

心臓から送られる血液の循環が悪いために起こるむくみ。手や足、顔などによく見られるむくみは、明確な症状はないものの動機やだるさ、息切れなどを伴うこともあります。背後に何らかの病気が隠れていることもあります。水素水には高い抗酸化作用や利尿作用、血行促進効果がありむくみの改善に効果があるといわれています。

 
5

便秘

女性の悩みの代表でもある便秘は、肌荒れなどの肌トラブルを始め肩こりや腰痛、疲労、いらいら、腹痛や食欲低下、痔などさまざまな症状を引き起こします。また時には大腸がんのような重大な病気を招くことも。水素水は活性酸素を排除して腸内環境の改善や自律神経の乱れを解消する効果があり便秘改善効果が期待できます。

 
6

高血圧

高血圧は生活習慣病のひとつでサイレントキラーと異名を取る恐ろしい病気です。頭痛やめまい、耳鳴りなどの症状から始まり心疾患や脳血管疾患のような命にかかわる重篤な病気を引き起こす原因にもなります。水素水は生活習慣の乱れから増加する過酸化脂質や活性酸素の生成を抑制して高血圧を改善する効果が期待されます。

 
7

高血糖

高血糖は糖尿病の人によく見られます。喉の渇きや夜間のトイレ、体のだるさや急激な体重の減少がいられ、次第に足先など末梢部位の壊疽や合併症による失明や腎不全などの重い症状が起こります。水素水にはインスリンの分泌を行う細胞をはじめとする細胞の内部に影響する活性酸素を無毒化して機能を回復する効果があります。

 
8

リウマチ

自己免疫が関節を攻撃して炎症を起こすために、関節の腫れや痛みなどが起こり進行すると変形や機能不全を起こす病気です。リウマチの原因の一つには悪玉活性酸素が影響していると考えられています。水素水を飲用することによる悪玉活性酸素除去効果によってリウマチ症状が改善することは臨床試験によっても証明されています。

 
9

パーキンソン病

脳のホルモン分泌異常によって震えや筋肉のこわばり、動きの遅さ、姿勢反射障害などが起こる病気です。悪化すると排泄障害や歩行障害が起こります。水素水は脳神経細胞や関節・軟骨まで到達して細胞にダメージを与えている活性酸素を取り除いて症状を緩和し進行を抑制することが研究によって証明されています。

 
10

認知症

脳の神経細胞が破壊されて起こる病気です。特に高齢者に多く、食事をしたことを忘れるといった記憶障害をはじめ徘徊やうつ、そして進行すると言葉や音、行動そのものを忘れてしまう高次脳機能障害などが起こります。水素水には血流の改善や脳細胞の酸化ストレスを取り除き細胞の働きを高めて進行を遅らせることが期待されます。

 
11

腫瘍

悪性腫瘍である癌は体内のどこかで発生し転移して体中を侵襲します。発生部位によって症状は異なりますが、痛みや炎症、出血、食欲不振など様々な症状を引き起こします。水素水は癌細胞が発生する活性酸素を排除して正常な細胞を活性化するだけでなくがんの転移も抑制し、抗がん剤の副作用を抑える効果も明らかです。

 
12

心筋梗塞

心臓の血管の一部が詰まったり狭まったりすることで血流が悪くなる病気で激しい胸の痛みや冷や汗、吐き気、呼吸困難が起こります。処置が遅ければ命にかかわることもある恐ろしい病気です。水素水を飲用すると、炎症やストレスによってできる梗塞の原因となる悪玉活性酸素を排出して血流を改善し血管の詰まりを改善します。

 
13

動脈硬化

生活習慣病のひとつといわれ、血管が硬く弾力性がなくなり血流が悪くなる病気です。高血圧をはじめて足の痺れや発音障害、めまい、頭痛、動機などの症状が見られます。主な原因であるコレステロールの生成に大きく関与している活性酸素を取り除き、高い抗酸化作用によって免疫力を向上することで進行を防ぐことができます。

 
14

痛風

患者数が急増している痛風は細胞のサビつきが原因と言われ、足の指の腫れや痛みから始まり悪化すると徐々にその部位は広がり全身の関節に激しい痛みや腫れが起こります。やがて腎機能の低下による腎不全へと進みます。水素水を飲むことで活性酸素を取り除き原因である尿酸を減少させることから改善効果が期待されています。

 
15

腎不全

自覚症状の少ない腎不全は進行すると蛋白尿や血尿、むくみをはじめ高血圧やなどの症状がみられます。進行すると尿毒症となり吐き気や食欲不振、倦怠感、頭痛などが表れてきます。透析や移植しか選択肢がなくなる腎不全ですが、水素水を飲むことで尿量が増えて腎臓の負担や細胞にかかる酸化ストレスの軽減が期待されます。

 
16

白内障

目の水晶体が濁ってしまう白内障は、視野に靄がかったようになり、視野が暗くなる、光が通常よりまぶしく見えるといった症状があります。加齢と共にほとんどの人に起こる病気であるため、日常生活から水素水を取り入れることで水晶体の濁りの原因となる物質の生成を抑えて、白内障の進行を抑え予防することができるといわれています。

 
17

睡眠不足

睡眠時間が減少傾向の現代人に多く見られ、日中の眠気や集中力の低下、疲れ、免疫力の低下、イライラ、肌のトラブルなどが起こります。睡眠時無呼吸症候群なども睡眠不足の原因とされています。水素水には睡眠を司る自律神経のバランスを整える作用があり、飲用によって穏やかに睡眠に導入する効果があるといわれています。

 
18

つわり

妊娠初期は、つわりに悩まされる女性が多いもの。ご飯のにおいをかいだり、空腹状態になった際に「気分の悪さ」や「吐き気」などの症状が特徴です。原因はホルモンバランスが変化するためだと言われています。水素水はつわり中でも飲みやすく、さらに症状を和らげる効果が期待でき、体調が楽になったという声も多数です。

 
19

生理痛

生理とは、子宮が収縮し、不要となった子宮内膜を体外に排出する働きによるものです。しかし、血流の悪化が原因で、上手く排出できず、痛みを生じることがあります。水素水にはホルモンの分泌を抑えたり、血流を良くしたりする働きがありますので、生理痛を軽減する効果が期待できるでしょう。

 
20

ED

勃起不全または勃起障害と呼ばれるED。勃起は、血液によって膨張した状態を指します。しかし、血流が悪くなっているEDの場合だと、膨張するための血液が足りずに勃起することができません。水素水には血液をサラサラにし、血流を良くする作用があるので、EDを改善することができます。

 
21

薄毛

頭皮の血行が悪くなると髪に必要な栄養が届かなくなり、薄毛になる可能性があります。さらに、強いストレスや食生活の乱れなどによって体内で増加する活性酸素も、頭皮にダメージを与える原因の1つ。そこで、血行を良くし、活性酸素を中和する働きのある水素水を利用すると、薄毛の悩みを改善できます。