HOME » 水素水での改善効果が期待できる症状 » アトピー
 
2

アトピー

そもそもアトピーってどういうもの?

基本的に、アトピーとアレルギーは別なものです。

  • アトピー…強いかゆみを伴って慢性的に湿疹を繰り返す病気です。明らかな原因はわかっておらず、治療法も確立されていないのが現状です。肌の機能が衰えていて外部からの刺激に非常に敏感になります。
  • アレルギー…特定の原因物質に対して体の免疫機能が過剰に反応してかゆみや湿疹をはじめとした症状を引き起こすことをいいます。主な原因としては、食物や金属、薬剤、日光、猫などがあります。一般的に、体内に入るとすぐに症状が表れることが多いようです。

アトピーでは、食べ物やストレス、紫外線、ハウスダストなどがリスクを高める原因と言われていますがどれも明確ではなく、複数の要因が重なり合って発症していることがほとんどだといわれています。アレルギーでは、原因物質がはっきりしていることからそれを避けることで発症を抑えることができます。

つまり広い意味で見ると、アトピーという病気の中にアレルギーが原因の一つとして含まれるいうことなんですね。アトピーやアレルギーの人は日常生活もとても大変!なんとか副作用のない方法で改善する方法が見つかればいうことなしですよね。

 

アトピーの原因

アトピーはアレルギーや食生活/生活環境が原因

アトピー性皮膚炎は慢性的に湿疹が出る病気で、強いかゆみを伴います。皮膚のバリア機能の低下やさまざまな刺激、アレルギー反応、生活環境など複数の要因が重なって起こると考えられています。皮膚のバリアが衰えると、外部からの刺激に敏感になるため、熱や汗、汚れ、衣服の摩擦など少しでも神経を刺激すると強いかゆみが発生します。

  • 環境の中に潜むアレルゲン

    アトピーの原因として、特定の物質によるアレルギー反応を起こす場合もあります。なかでも環境面でアレルゲンとされるのがダニ、カビ、ハウスダスト、花粉、動物の毛などです。

  • 食物アレルゲン

    食物もアレルゲンになりやすい要素の一つです。香辛料やアルコールのほか、牛乳、タマゴ、小麦などが比較的アレルギー反応を引き起こしやすいとされています。他にも、蕎麦、ナッツ、大豆、フルーツなどアレルギー反応を起こす食品は少なくありません。添加物が多いインスタント食品も免疫を低下させる人工的な成分が多く含まれているため、なるべく避けた方が良いとされています。

  • 睡眠不足やストレスも厳禁

    アトピーを悪化させる要因は日常生活の行動の中にも潜んでいます。睡眠不足や過労、生活習慣の乱れや精神的なストレスなどもその要因です。睡眠不足は疲労を蓄積し、自律神経などの乱れをもたらします。また、ストレスでイライラしたり緊張したりすると、ホルモンバランスを崩して免疫力が低下して症状を悪化させてしまいます。

広い意味でいうと、アトピーの原因の一つにアレルギーも含まれていることが分かります。アトピーは複数の要素が重なりあって発症することが多く、原因もはっきりと特定できていません。治療法は確立されていないのが実情です。子供の病気だと思われていますが、近年は大人でアトピーを発症する人も増えています。

アトピーを治療するには?

アトピーは体質によるところもあるため、完治が難しく対処療法が目的になります。治療の目的は症状をコントロールし、ふつうに日常生活をおくれるようにすること。そのために「湿疹・かゆみなどの症状をおさえる薬物」「皮膚のバリア機能の低下を防ぐスキンケア」「アレルゲンなど症状が悪化する要因を取り除く」という3つの療法が中心になります。

1薬物療法

アトピーの炎症を抑えるステロイド外用薬を使うことが多く、または免疫を抑制するタクロリムス軟膏も使われます。これらは症状に合わせて段階的に薬の強さを変えて使います。また、アトピーはかゆいからといってかきむしると、さらに症状が悪化してしまいます。かゆみをとるために、かゆみの元となるヒスタミンを除去する抗ヒスタミン薬、あるいは抗アレルギー薬を服用することもあります。抗ヒスタミン薬は細胞から出たアレルギー物質を無効化してかゆみを抑えてくれます。抗アレルギー薬は体に入った異物に対してアレルギー反応を抑える薬です。抗アレルギー薬に抗ヒスタミンが含まれていることもあります。

2スキンケア

アトピーは、薬物療法と同時に、かゆみをおさえて悪化させないためのスキンケアもあわせて行なう必要があります。アトピーの人の肌は、細菌やウイルスの侵入を防ぐ皮膚のバリア機能が弱まっているため、石鹸、化粧品、化学成分、乾燥、汗などわずかな刺激で炎症を起こし、かゆみが発症、悪化します。また、体内にアレルゲンが侵入しやすくアレルギー炎症を起こしやすい状態にあります。

皮膚のバリア機能を回復するには皮膚を清潔に保つことと、潤いを保ち保湿することが基本です。発汗や皮膚の汚れはかゆみを誘発する原因になるので、入浴やシャワーなどで汚れを落として清潔にしましょう。入浴の後は保湿剤を塗って肌の水分が逃げないように保護します。ただし入浴では刺激の強いシャンプーやせっけんを使ったり、体をごしごしこすったりするのは控えましょう。

水素水とアトピーの関係性

炎症を広げる活性酸素

アトピーやアレルギーを改善するために水素水を取り入れる人は増えていますが、どんな効果があるのでしょうか。アトピーでは皮膚は炎症を起こしヒスタミンという物質を作ります。これが神経を刺激することでかゆみが起こります。この炎症したところに大量に発生するのが活性酸素。この活性酸素が細胞を攻撃することで炎症が広がり、症状が悪化していきます。そこで、この活性化酸素を取り除くと期待されるのが水素水。活性酸素を取り除く抗酸化作用や炎症を抑える抗炎症作用が働いて症状を軽減させると考えられています。飲むだけでなくコットンなどで炎症部分を覆うといった使い方でも効果があるとされています。

体の末端にも入り込む水素水

また、アレルギーは特定の物質が体内に入ると体の免疫機能が作用して様々な症状を引き起こします。通常細胞の中までアレルギーの原因物質は入り込みませんが、活性酸素で細胞が傷つけられると、その部分から中へ侵入しやすくなり、反応を起こします。水素水は体のすみずみまで浸入できるため、活性酸素を取り除くことができ、アレルギー反応を抑えられるのではないかと期待されています。

水素水とアトピーの研究

1水素水がⅠ型アレルギーを抑える効果

2009年に名古屋大学医学部他のチームが、水素水がⅠ型アレルギーを抑える効果があることを発見しました。Ⅰ型アレルギーはアレルゲンに接するとすぐに症状が出る急性のアレルギー反応のこと。これはアトピーの主な原因ともされています。実験でマウスに水素水を飲ませたところ、Ⅰ型アレルギーを約60%軽減しました。つまりアトピーの原因となるアレルギー反応を軽減することができたのです。

執筆者 Itoh,T et al(岐阜国際バイオテク研究所、名古屋大学医学部他)
作成日 2009年
論文名 Molecular hydrogen suppresses FcepsilonRI-mediated signal transduction and prevents degranulation of mast cells.

2水素水の免疫反応の改善

2013年には韓国の延世大学の研究グループが、アトピーにかかったマウスに水素水を25日間飲ませ続ける実験を行ったところ、アトピーの原因となる過剰な免疫反応が改善しました。水素水により免疫反応が改善した原因について、そのメカニズムについて詳しく検証が行われました。その結果、水素分子が直接免疫細胞に働きかけて、過剰な免疫反応を抑制していることが分かりました。つまり水素が免疫の細胞を直接コントロールすることで、免疫が過剰に反応してしまう暴走を抑えたのです。このように水素水は活性酸素を取り除くだけでなく、細胞をコントロールする働きもあるようです。水素水が免疫反応を正常化できるのであれば、アレルギー症状そのものを抑える効果を期待できます。

執筆者 李海宣(韓国医学研究所、延世大学)
作成日 2013年
論文名 Positive Effects of hydrogen water on 2,4-dinitrochlorobenzene-induced atopic dermatitis in NC/Nga mice.
結論
アトピー改善につながる研究はあり!
ただし、人への研究はこれから

水素水は活性酸素を除去して炎症を抑え、アレルギー反応も抑制するなど、アトピーに効く可能性があるという実験結果を得られました。ただし、これらの実験はマウスによる動物実験なので、まだまだ研究途上であり、「アトピーに確実に効果があります」とは言えません。ただし、アトピーやアレルギーは小さいお子さんの患者も多く薬は様々な副作用も心配だと思います。副作用もなく子供でも使える水素ならママも安心して利用できそうです。

4つのタイプでどれが1番?水素水の取り入れ方を比較