HOME » 水素水での改善効果が期待できる症状 » 便秘
 
5

便秘

そもそも便秘ってどんなもの?

健康な排便は、週に3回以上柔らかいバナナ状の便がすっきり出る状態で、毎日便は出ていても残った感じがしたり便が硬い場合は便秘とされます。脳からは便を出すための指令がでますが、このようなことが原因できちんと反応でず排便がスムーズに行われないのが便秘です。便秘になると、肌荒れや吹き出物などの肌のトラブルやいらいら、肩こりや腰痛、疲労感や腹痛、食欲の低下、痔などさまざまな症状が起こります。また近年大腸癌などの癌の原因であることも明らかになっています。

便秘はほんとに悩みの種。女性は特に便秘に悩んでいる人がたっくさんいますよね。薬を飲むとお腹が痛くなるし、できることなら自然に解決したいのが本音。いろいろ試しても効果が微妙なものが多い中、おっ!?という方法に出会えたら感激しそう。便秘を優しく確実に解消してくれる方法、どうやらここにありそうですよ。

 

便秘の原因

腸の働きに異常があると便秘を引き起こす

便秘は、排便回数が普段より少なくなった状態、または排便に困難が伴う状態とされます。排便、お通じの回数については、毎日の人もいれば、2~3日に1回の人、もっと回数が少ない人など個人差が大きく、例えば週に〇回といった定義はありません。

お通じの回数が少なくても、お腹の痛みや張りなどの苦痛や不快な身体症状がなければ便秘ではありません。一方、毎日お通じがあっても、硬い、量が少ない、出しても残った感じがある、出にくい、出るときに痛みがあるなど、排便時に困難があれば便秘となる場合があります。

便秘をその原因で見ると、大まかに3種類に分けられます。一般的に多いのは「常習性便秘」で、腸管の運動異常、つまり腸の働きが弱すぎたり強すぎたりして起こります。旅行などの際に経験する人も多い「一過性便秘」、これは環境の変化やさまざまな精神的ストレスが原因で起こります。また、大腸がんや腸管癒着など腸の病気や、消化器、婦人科系臓器、生活習慣病などの病気が腸の働きに影響することが原因の「症候性便秘」もあるので注意が必要です。

便秘の改善方法

1食習慣の改善

  • 食物繊維/水分/油分を積極的に摂る

    便秘に効く食品の成分としてまず挙げられるのが食物繊維です。豆類、海藻類、穀類(未精製のもの)、芋類、野菜や果物、キノコなどには食物繊維が多く含まれます。

    例えば朝の食事にフルーツをプラスする、野菜は炒めたり煮たりして食べる量を増やす、肉や魚を焼くとき一緒にキノコや野菜も入れて焼くなど、一つの食材に偏らないように、さまざまな食物繊維を含む食材を、1日3食の献立の中に取り入れたいものです。タンパク質や脂肪の多い食事が続くと便秘を招くとはいえ、スムーズな排便には適度な脂肪、油分も必要ですから、油分を極端に減らした献立は控えた方がよさそうです。

    もう一つ、水分摂取も便秘対策には重要です。大腸には、小腸から送られてきた食物のかすなどから水分を吸収して便を作る働きがあります。体内の水分量が不足すると、大腸から吸収される水分量が増えるので、便の水分量が減って硬くなって出にくくなり、便秘になることも。食事のとき以外でも、頻繁に水分をとることを心がけましょう。

  • 朝食で便通を促す

    食事のタイミングも大切です。1日3食を適切な時間にとって身体のリズムを整えれば、1日1回の理想的なお通じにつながります。また、朝食は、胃腸を目覚めさせてお通じを促すので、朝の時間に余裕を持って朝食をとるものお勧めです。

2体を動かす

  • あまり汗をかかない程度の運動

    常習性の便秘の解消に、もう一つ欠かせないのが適度な運動です。軽い運動で全身を動かして内臓の動きを活発化するのがお通じに有効です。運動といっても、激しいスポーツではなく、散歩やウォーキング、体操程度の軽くてリラックスできるような運動がお勧めです。その場でできる運動では、腹部を動かすものが腸の働きを促すのには効果的です。お腹に力を入れる腹筋運動は特にお勧めで、排便を促す腹圧を強化できます。また、上体をねじる動きのある体操、ストレッチ、ヨガなども試したいところです。

  • お腹のツボ周辺をもみほぐす

    もっと手軽に、ツボ押しで腸を刺激する方法もあります。便秘に効果があるといわれるツボは、「大巨」(たいこ)、「大腸兪」(だいちょうゆ)、「小腸兪」(しょうちょうゆ)など。便秘に即効性があるといわれる大巨は、へそから左右へそれぞれ指幅2本分外側から、さらに指幅2本分下の部分です。大腸兪・小腸兪は、腰からお尻にかけて、背骨中心から左右へそれぞれ指幅2本分外側に縦に並んでいます。ツボ刺激をするときは、まずおなかの周囲を時計回りに、手のひらでさすり、軽く押していきます。次にツボ周辺は、はじめは軽く、次第に力を入れて押していきます。ツボ周辺で硬くなった部分があればやさしくもみほぐすようにします。

3漢方や民間療法

  • 体力に合わせて漢方薬を選ぶ

    顆粒や錠剤など、飲みやすいタイプの薬が薬局などで手軽に買えるようになった漢方。古くから伝わる漢方には、便秘についても、その人の体質に合わせた処方があります。

    一般的な便秘薬として知られるのは「大黄甘草湯」(だいおうかんぞうとう)です。便秘以外に特に症状がない場合、体力にかかわらず使われます。体力がある人の場合は三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)、大柴胡湯(だいさいことう)、調胃承気湯(ちょういじょうきとう)、大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)などが使われます。体力がない人の場合は、比較的作用の穏やかな八味地黄丸(はちみじおうがん)、加味逍遥散(かみしょうようさん)小建中湯(しょうけんちゅうとう)などがあります。

    便秘薬では、特に、体力がある人の薬に使われる大黄や芒硝(ぼうしょう)が入った薬を体力がない人が服用すると、腹痛や下痢になる場合があるので注意が必要です。こうした効き目の強さ、体質や身体の状況によっていろいろな漢方薬があるので、薬局で購入の際、薬剤師に相談して選ぶことをお勧めします。

  • 民間療法も強い効き目

    悩む人が多い便秘には、身近な植物などを使った民間療法もあります。ドクダミ、アロエ、桃の花はその代表格です。ドクダミは日陰がちな湿地などに自生している植物で、便秘薬としては、葉と茎、花を乾燥させて煎じたものを服用します。ドクダミ茶など市販されているものもあります。

    アロエで便秘薬として使われるのはキダチアロエという種類で、生食、おろし汁、煎じ汁などで服用するほか、サプリメントなども販売されています。生の葉は大人で1日15gを3回に分けてとるのが量の目安ですが、刺激が強いので、少量から試してください。妊娠中は使えません。

    桃は白花のつぼみを乾燥させたものが使われます。1日3~5gを煎じ薬にして服用するほか、白花を砂糖漬けにして食べる方法もあります。桃の花も効き目がかなり強力なので、少量から試します。妊娠中は使えません。桃の花は漢方でも「白桃花」として市販されています。

    もう一つ、身近な食材のコンニャクがあります。昔から「腸の砂おろし」の呼び名があるように、胃で消化されず、腸の老廃物を一緒に排出するといわれています。コンニャクにも緩下作用があり、腸の動きが弱まって起こるタイプの便秘にも有効で、主要成分のグルコマンナンには腸内の悪玉菌の繁殖を防ぐ作用も。献立にも取り入れやすいのが利点ですが、過敏性腸症候群の便秘はひどくなることもあるので食べないように注意が必要です。

一口に便秘といっても、まず症候性便秘の場合は病気の治療、一過性の便秘の場合は環境に慣れることやストレスケアなど、それぞれの原因を解消することが先決です。常習性便秘の場合は、食事と運動が自然な排便を促すのには効果的です。そして、なかなか解消できないときや苦しいとき、最後の手段として、便秘薬、下剤の利用を考えてください。

水素水と便秘の関係性

  • 活性酸素除去は便秘に直接影響するの?
    直接的な効果はなし

    水素水を実際に飲んだ人の口コミなどを見ていると、便秘が解消したという声も多くあります。水素水の便秘への効果について、例えば、細胞の働きを阻害する活性酸素を取り除いて新陳代謝が活性化されたら、腸の活動も活性化されて便秘が解消するのではないか、または、活性酸素除去による全身への健康効果で、腸内環境も改善して腸の働きも整うのではなないか、そんな想像も出てきます。

    ただ、これらは便秘解消の直接的な効果というよりも、活性酸素の除去で細胞の働きが正常化すれば、腸の働きも整って、便秘の解消に至るのではないかという、間接的な効果を予測するものです。もっと便秘に対して直接的な効果に関する研究はないのかと思いますが、残念ながら、実際に水素水が腸の働きを促すとか、便秘を解消する働きがあるなど、具体的に効果が出ているという研究結果は、人での実験はもちろん、動物実験でも、発表されたものはないという状況です。

  • 便秘解消のための水分補給に水素水は向いている?
    水分補給をするなら市販の水でOK

    常習性の便秘の場合、起こる原因の一つには水分不足も挙げられます。便の水分量が減ると硬くなって出にくくなりますから、水分摂取は便秘解消のカギの一つです。水分摂取を目的に水素水を飲むという考えはどうでしょうか。まず、水素が水分の体への吸収を高めるという研究の報告はありません。ただ水と同等なものとして、水分補給の効果は確かにあるといえます。

    水分補給については、お茶やコーヒーなどカフェインを含む飲み物やビールなどの利尿作用のあるものは、せっかく水分補給しても尿として排出される量が増えます。その点、水素水には利尿作用がないので、そうした心配はありません。しかしながら、便秘解消を主な目的に飲むには、水素水はコストがかかりますし、純粋に水分補給が目的なら、普通の水や、水分補給の目的で市販される飲料の方が適しているといえそうです。

結論
便秘改善のために水素水を飲んでもムダ!

水素分子の治療効果に関する研究は、これまでに多数の論文が発表されています。また、大腸に関連するものでは、水素水が大腸がん細胞への抗がん剤の作用を増強するという研究もあります。しかしながら、便秘の解消効果に関する内容については、研究報告もありませんし、現在研究段階にあるという報告もありません。

便秘の解消という目的に絞って考えた場合、水素水で効果を期待したり、試したりするよりも、やはり食習慣や食事内容の改善、身体を動かすことなど、基本的な生活習慣に関する対策を試し、うまくいかないときは、体質に合う便秘薬や漢方薬、民間療法などを少ない量から試す、といった正攻法が近道であるといえそうです。

4つのタイプでどれが1番?水素水の取り入れ方を比較