HOME » 水素水での改善効果が期待できる症状 » 動脈硬化
 
13

動脈硬化

そもそも動脈硬化ってどんなもの?

近年リスクが上昇している動脈硬化と水素水の関係性について、基礎知識を踏まえて解説していきます。

動脈は、心臓から多くの栄養や酸素を含んだ新鮮な血液を送り出す際に通る血管です。ところが、動脈硬化になるとコレステロールや中性脂肪などが蓄積して血管が硬く弾力がなくなり、心臓がいくらがんばってもうまく循環させることができなくなります。そのため心臓が無理をして血圧が高くなるなどの症状が表れてきます。また血管の内側にどろどろとした部分ができて内部に蓄積し、一部が狭くなったり詰まってしまうことがあります。時にはもろくなって破れてしまうこともあるといいます。すると全身へ届けられるはずの栄養や酸素が届かなくなり体の機能が正常に働かなくなります。動脈硬化ははっきりとした症状がないので早期発見が難しい病気です。

動脈硬化を甘く見ると命にかかわるような重い病気を引き起こすことがわかっているみたいです。動脈硬化って自覚症状がないからなおのこと厄介ですよね。痛みが出たら既に手遅れかも!?もっと早くから予防と対策をしておかなければ大変なことになりかもしれません。日常でできることを見つけましょう!

 

動脈硬化と水素水の関係を考える

動脈硬化の予防や改善には生活習慣病の治療や改善がまずは大切です。また、適度な運動やバランスの良い食生活、規則正しい生活、薬物療法などもおすすめです。

動脈硬化の治療には薬物療法が効果的であることはわかっていますが、既に血管が詰まってしまうとせっかくの薬の効果が全身に届くのは難しくなります。ところが、水素分子は非常に小さいため細胞レベルで体の隅々まで到達できます。実は、動脈硬化は血管の老化が原因ともいわれていますが、老化の原因は言わずと知れた活性酸素。細胞の隅々まで到達した水素分子は、この活性酸素と結びついて無毒化してくれます。

このような働きから、水素水は動脈硬化の予防や改善に効果があると考えられています。既にマウスによる研究でもその成果が明らかになっており、慶応義塾大学病院でも臨床試験が行われているといいます。

動脈硬化ってよく耳にしますが、他人事だと思っていました。でも体の中で少しずつ進行しているんですね。血液をサラサラにするという話を聞くことはあっても自分には無関係だと思っている人多いはずです。少しだけ血管の声に耳を傾けて、水素水でクリーニングしてあげなくちゃって思いました。

動脈硬化対策に水素水を飲む人の口コミ

健康診断で効果を実感
50代/男性

健康診断でコレステロールが高く動脈硬化のリスクが高いと言われて飲み始めました。水を変えただけでそれ以外はこれまで通りなのですが、今年の健康診断では数値がかなり下がっていて驚きました。

階段が楽になりました
50代/女性

胸が締め付けられるような発作があり病院で心筋梗塞の前兆と言われました。恐ろしくなり水素水を飲むことにしました。ただ水を飲むだけなのに、それまですぐに息切れしていた階段が楽になり体調もいいようです。

こんなに効果があるとは…!
40代/女性

軽い脳梗塞をして入院しました。それから生活習慣病の注意を受け根本的に健康を目指そうと飲み始めたのが水素水です。正直言って、こんなに効果があるとは思いませんでした。家族も一緒に健康を目指して飲んでいます。

4つのタイプでどれが1番?水素水の取り入れ方を比較