HOME » 水素水での改善効果が期待できる症状 » 腎不全
 
15

腎不全

そもそも腎不全ってどんなもの?

腎不全とはどんな病気か、そして水素水がどのように働きかけて効果がみられるのかについて説明していきます。口コミも参考にしてください。

腎不全とは、腎臓が正常に機能できなくなった状態をいいます。慢性と急性の2つのタイプがありますが、それぞれに治療法や症状が異なります。慢性腎不全は、腎臓の機能が慢性的に30%以下にまで低下した状態で、排泄されるべき老廃物や水分、電解質などが体内に過剰に残りいろいろな障害や症状が表れゆっくり進行していくのが特徴です。症状は尿の異常をはじめ尿毒症による頭痛や吐き気、食欲不振などの神経系症状などが見られます。悪化すると、腎臓の機能がほとんど失われてしまいます。急性腎不全は薬の副作用や多量出血などの影響による腎機能の急激な低下です。原因を排除して適切な治療を行えば、ほとんどが回復できます。

腎不全は、きちんと治療しなければとても厄介な病気です。体の中にたまった老廃物が悪影響を及ぼすので、いろいろな症状が出てくるそうです。特に慢性腎不全が悪化すれば腎臓移植か人工透析しか治療法がないといわれていて、大きな負担を背負うか一生治療を続けていかなければいけないことになってしまうのだそうです。

 

腎不全と水素水の関係を考える

水素水を飲むと尿量が増えるという特徴があります。

腎不全になると、体内の老廃物や水分、電解質などの不要な物質が排泄されず様々な障害が起こることがわかっています。水素水を飲むことで尿量が増えると、このような体内に残った老廃物を効率よく尿として排泄することが期待できます。いわゆるデトックス効果と呼ばれるものです。

また、活性酸素を取り除き酸化ストレスを減らす作用によって、体の細胞および腎臓細胞のダメージを軽減することが期待できます。これによって低下していた免疫機能や自己修復機能が向上するため、症状の改善も期待できそうです。

2011年の研究報告では、慢性腎不全や末期腎不全に対する水素水の効果や慢性腎臓病ラットの障害抑制といった報告もあります。

腎臓の細胞に直接の効果が期待できるのは、どこにでも浸透しやすい水素ならではですね。研究結果も報告されており、この分野での活躍がますます期待できそう。

腎不全対策に水素水を飲む人の口コミ

血尿が減りました
60代/男性

疲れるとすぐに血尿が出て腎機能が低下していると言われました。どうしたらよいかと悩んでいたところ息子が水素水を見つけてくれました。毎日家で飲んでいますが、血尿も最近は出ることもなく疲れやすかった体がとても楽になりました。

猫にも効果てきめん!
30代/女性

実はうちの猫が腎不全で状態がよくなかったので家に設置して飲ませています。一緒に家族も飲んでいるのですが、まず猫が元気になったこと、そして家族のみんなが寝起きが楽になったと言っています。私自身むくみやすかったのですが、最近はほとんどんなくなりました。

透析を回避できました
60代/男性

あと少し数値が上がれば透析しかないと言われていました。友人のすすめで水素水を飲み始めて半年になりますが、以前のようなむくみがなくなり透析も回避できました。数値はまだ高いですが、とりあえず水素水に何かの力があったのだと思っています。

4つのタイプでどれが1番?水素水の取り入れ方を比較