水素水なび » 【水素水の効果】水素による改善効果が期待できる症状 » 腎不全
 
15

腎不全

そもそも腎不全ってどんなもの?

腎不全とは、腎臓が正常に機能できなくなった状態をいいます。慢性と急性の2つのタイプがありますが、それぞれに治療法や症状が異なります。慢性腎不全は、腎臓の機能が慢性的に30%以下にまで低下した状態で、排泄されるべき老廃物や水分、電解質などが体内に過剰に残りいろいろな障害や症状が表れゆっくり進行していくのが特徴です。症状は尿の異常をはじめ尿毒症による頭痛や吐き気、食欲不振などの神経系症状などが見られます。悪化すると、腎臓の機能がほとんど失われてしまいます。急性腎不全は薬の副作用や多量出血などの影響による腎機能の急激な低下です。原因を排除して適切な治療を行えば、ほとんどが回復できます。

腎不全は、きちんと治療しなければとても厄介な病気です。体の中にたまった老廃物が悪影響を及ぼすので、いろいろな症状が出てくるそうです。特に慢性腎不全が悪化すれば腎臓移植か人工透析しか治療法がないといわれていて、大きな負担を背負うか一生治療を続けていかなければいけないことになってしまうのだそうです。

 

腎不全の原因・症状とは?

腎不全には「急性」「慢性」の2種類

腎不全には急性と慢性があります。急性腎不全は急激に腎機能が低下した状態で、尿の出が悪くなる乏尿や、全くでなくなる無尿が起こります。原因は脱水や出血、熱傷、薬物中毒などです。発症頻度は低いですが、一度起こると重篤で、特に乏尿性の急性腎不全は3~5日で高窒素血症に陥り、人工透析を行わないと生命が危険になります。人工透析を行っても死亡率が高く、生命が救えるのは約50%です。

慢性腎不全は、さまざまな原因で、数年から十数年かけて腎機能が徐々に低下してくる状態です。腎臓病は別名「サイレントキラー」とも呼ばれ、痛みなどの自覚症状に乏しいのが特徴で、気付いたときにはかなり症状が進んでいることもあります。腎機能が正常な人の3分の1以下になっても特別な自覚症状はなく、5分の1以下になると出てきます。10分の1くらいになると高窒素血症を呈します。

自覚症状には、血尿や糖尿、タンパク尿などの尿のにごりや、多尿や乏尿などの排尿の異常、むくみ、高血圧、発熱などがあります。内臓にむくみがでることもあり、特に肺がむくむ肺浮腫は呼吸困難に陥ることもあります。

「糖尿病」「高血圧」「メタボ」は要注意

糖尿病や高血圧、メタボリックシンドロームなどは腎臓病の危険因子です。また、慢性腎炎から慢性腎不全になる例は多く、慢性腎炎の原因にはIgA腎症、糖尿病性腎症などがあります。太っているだけで発症する肥満関連腎症もあり、肥満そのものが腎臓の機能を低下させることがわかってきました。

他にもネフローゼ症候群、慢性腎盂腎炎など長く続いた腎臓病から慢性腎不全が起こることが多いです。こうした慢性に経過する腎臓病を総称してCKD(Chronic Kidney Disease)といい、重症度によって、G1、G2、G3a、G3b、G4、G5のステージに分けられています。重症度が上がるにつれて心血管疾患の発症率と死亡率が高くなり、特にステージ3では一気に合併症のリスクが上がります。ステージ4、5が慢性腎不全の段階です。一度慢性腎不全になると、腎臓の機能を元に戻すことはできません。

現在残っている機能をいかに維持していくかを主眼にした、薬物療法や食事療法、透析療法などによる治療が行われます。

腎不全の治療方法とは?

急性腎不全の場合は、ただちに入院して、食事療法か人工透析を行い、腎機能が回復するのを待ちます。専門医や薬剤師などによる必要に応じた薬物療法も行われます。慢性腎不全の場合は、入院による食事療法と薬物療法が原則です。現在のところ、病気そのものを治す薬はなく、血圧の高いときには降圧剤、むくみが強いときには利尿剤を用いるといった対症療法が中心です。

治療方法

食生活薬と併用で食事の見直し

腎臓病は薬だけで病気の進行を抑えることが難しく、食事療法と並行して治療を進めます。急性腎不全では、たんぱく質を減らし、その分糖質と脂質でカロリーを補います。また、水分や塩分の摂取制限が行われます。慢性腎不全では、腎不全となるより前の段階でCKDが発見された場合、早い段階から食事療法を始めれば腎機能の低下がゆるやかになり、腎不全まで進行することを食い止められます。

ステージ1、2では、塩分を抑えること、適正なエネルギー量を摂取することがポイントです。これは肥満を予防する健康的な食事でもあり、家族と同じ食事をすることができます。また、経過が良ければ運動も取り入れ、肥満予防に努めます。ステージ3になると、これに加えてタンパク質、カリウムの制限が必要になり、家族と同じ食事をすることが難しくなります。

低たんぱく食品などの治療用特殊食品も多数販売されています。ごはんやパン、うどんやパスタなどの主食に低たんぱく食品を利用すると、おかずに良質なたんぱく質をとることができます。冷凍食品のセットなども販売されています。カリウムは野菜や果物、魚や肉などにも含まれています。水に溶けるため、野菜の場合は下ゆでしたり水にさらしたりすることで約3割カットすることができます。

またエネルギーが不足すると、体を構成しているタンパク質が分解されてエネルギーに利用され、老廃物が増えて腎臓に負担がかかってしまいます。ステージ3で徹底した食事制限を行えば、腎機能を維持することができますが、ステージ4以降では長期的な腎機能の維持が難しくなります。ステージ4、5ではより厳格な食事制限を行い、むくみが強ければ、水分の摂取量も控えます。

透析人工腎臓に流して血液中の老廃物や水分を除去

末期腎不全になると、薬だけでは症状を抑えることができず、尿毒症になり、最悪の場合、命にかかわることもあります。この段階では、透析療法を導入するか、腎移植をするしかありません。透析療法には血液透析と腹膜透析があります。血液透析は、腕の血管から血液を取出し、人工腎臓に流して血液中の老廃物や水分を除去する方法です。

週に3回、1回につき3~5時間かけて行います。腹膜透析は、自分の腹膜を腎臓代わりに使い、透析を行う方法です。昼間に透析液を交換する方法と、就寝中に自動腹膜灌流装置を使って透析液を交換する方法があります。きちんと管理しないと腹膜炎などを起こす可能性もあります。透析療法は始めると一生続ける必要があります。透析期間が長いほど、合併症が発症しやすくなります。

透析療法でも食事療法は必要です。摂取するエネルギー量と塩分量、水分量が制限されます。透析療法で除去できる水分量には限度があるため、水分摂取量が多いと心臓や血管に負担がかかってしまいます。またリンの摂取にも制限があります。わかさぎやししゃもなどリンを多く含むたんぱく質や、菓子や加工品、冷凍食品に保存料やPH調整剤として含まれているリン酸塩にも注意が必要です。

手術腎移植

手術による腎移植とは、末期の腎不全状態にある患者さんに対して、提供者であるドナーから腎臓を移植し、正常な腎機能を回復させる治療のことです。成功すれば、食事の制限から解放され、健康な人とほぼ同じ生活が送れるようになります。家族や血縁者からもらう生体腎移植と、死亡した人に提供してもらう献腎移植がありますが、日本では腎移植を待つ人の1%強の人しか腎移植を受けられていません。日本では臓器提供の意思を表示している人が少ないことが、献腎移植の少なさにつながっています。

  • 腎移植の適応条件

    腎移植のガイドラインによると、腎移植の適応基準は患者さんが「末期腎不全患者であること(透析を続けなければ生命維持が困難、もしくは近い将来透析を導入する必要に迫られている保存期慢性腎不全である)」です。

    次に、患者さんに全身の感染症がないこと、活動性肝炎がないこと、悪性腫瘍がないことが適応の条件となっています。

  • 生体ドナーの適応条件

    ドナーは全身が健康な状態であり、健常な腎機能を持っていることはもちろん、全身麻酔下腎摘出手術を受けることが可能な身体状況でなければなりません。

    手術腎移植のドナーの適応基準としては、20歳以上70歳以下、全身性活動性感染症やHIV抗体陽性でないこと、クロイツフェルト・ヤコブ病や悪性腫瘍がないことが条件であり、血圧140/90mmHg未満、肥満でない(BMI30kg/m2以下)と定められています。

    腎臓の移植にあたって、ドナーの腎機能はGFRが80ml/min/1.73m2以上と決められています。血糖値も重要な判断基準となり、糖尿病(耐糖能障害)がないこと、早朝空腹時血糖値が126mg/dl未満(2回以上126mg/dl以上は不可)と定められています。

    これらの基準については、完璧な医学的・心理的評価を行うことと、医師による十分な説明に基づいたドナー側の同意が大前提。ドナー自身の意思決定に基づいた臓器提供が必須となっています。

    上記のドナー基準を逸脱したところで、ドナー候補者から腎臓の提供の申し出があった場合は、提供後にドナーにデメリットとなる腎臓障害が出現する可能性がきわめて高いというリスクがあります。医師は上記の基準から逸脱しない範囲で腎移植が行われるよう、ドナー側に十分な説明を行わなければなりません。

  • 生体ドナーへのフォローについて

    生体ドナーについては身体的・心理的・社会的な擁護に努めなければならないという決まりごともあります。腎移植手術の前後から、移植後の長期間にわたって、医療施設が生涯にわたってアフターフォローを行うことが必要とされています。

    腎移植にあたって、生体ドナーに特に医学的なメリットはありません。そのため、健康な生体ドナーに何らかのデメリットをもたらすような医療行為は望ましくはなく、本来はこれを避けるべきとの立場もあります。しかし、やむを得ず生体腎移植が行われる際は、提供したドナー側が長期間にわたって腎機能や健康状態に問題を抱えることにないよう、医療従事者がケアを行っていかなければならないとされています。

    生体腎移植後にドナーの健康を維持するためには、ドナーの腎機能の正しい評価、感染症などを含めた全身の評価を行い、提供後もドナーが自己管理を適切に行えるかどうかを評価していかなければなりません。具体的には、喫煙や飲酒などの生活に関する状況や、治療を要する既往症の有無、腎尿路系の評価、心機能・肺機能・腎機能・耐糖能・凝固系などの全身評価をすべてチェックしてからの判断となります。

    また、生体ドナーの自己決定能力に何らかの疑いが持たれる場合には、精神科医や心理療法士などから正しく評価を受けなければなりません。

  • 生体ドナーの腎移植に関する指針

    生体ドナーからの腎移植を行う最には、国際社会通念として確立されている「WHO指導指針(1991年、2010年改訂)」「国際移植学会指導指針(1994年)」「イスタンブール宣言(2008年)」「臓器の移植に関する法律の運用に関する指針(日本移植学会の倫理指針4)」などをそれぞれ遵守し、生体ドナーの候補者の身体的、心理的、社会的擁護に最大限努めなくてはならないと決められています。

    生体腎移植はレシピエント(臓器提供を受ける側)とドナー(臓器提供を行う側)がそれぞれ健康に過ごせるよう、移植医が移植コーディネーターと連携し、移植を行う施設とそこに関連する医療施設や連携施設と情報を共有し、長期フォローに努めるよう求められています。すでに日本では生体腎移植が行われて60年が経過していますが、レシピエントとドナーの予後を良好に保つためには、事前調査とドナーの自己決定、移植後の健康診断など細かなフォロー体制が敷かれています。

    参考:『日本の腎移植でのガイドライン』増子記念病院腎臓内科、日本移植学会生体腎ドナーガイドライン作成委員会委員長 両角國男
    https://www.jstage.jst.go.jp/article/jst/49/6/49_410/_pdf/-char/ja

水素水と腎不全の関係とは?

活性酸素を効率よく排出する効果

水素水には、活性酸素を効率よく排出する効果があるとされています。活性酸素とは、食事からとりこんだ栄養素を酸素で燃やしてエネルギーにするときに発生する物質です。これが脂質の過酸化を進行させ、動脈硬化や糖尿病、癌などさまざまな病気を発症させ、進展させると考えられています。水素水を飲むことで、活性酸素が効率よく排出され、腎臓病の危険因子である糖尿病などを予防し、進行を遅らせることから、腎不全についても改善効果が見込めるのではないかという仮説が立てられます。

研究成果

1腎機能や酸化ストレス・炎症の抑制効果

がんを発症させる前段階に腎障害を引き起こすことが知られているニトリロ三酢酸三ナトリウムという発がん物質を、健康なラットの腹腔内に注射し、その後水素水を継続摂取させて腎機能や酸化ストレス・炎症への影響を調査しました。その結果、水素水を飲ませたラットの腎障害や腎臓がんの発症が抑えられ、また腎臓の組織学的および機能的な指標や酸化ストレスや炎症に関わるすべての指標を調べたところ、全指標で水素水の摂取による抑制効果が確認されました。

執筆者 1.Bien, A., Seidenbecher, C.I., Bockers, T.M., Sabel, B.A. and Kreutz, M.R.
公開年 1999年
論文名 Apptotic versus Necrotic Characte- ristics of Retinal Ganglion Cell Death after Partial Optic Nerve Injury

2高血圧の改善、炎症や酸化ストレスの改善効果

人工透析療法を受けている患者に対し、水の電気分解システムを組み込み、水素含有水を用いる血液透析システムを構築しました。血液透析では1回に平均120リットルの水を使うため、そこに安定的に水素含有水を供給するためにはシステムを組み込むことが必要となるのです。3医療施設で21人の患者に対して6か月間にわたる治療を行った結果、副作用等の問題となる症状はなく、高血圧の改善、炎症や酸化ストレスの改善が認められました。

執筆者 Masaaki Nakayama, Hirofumi Nakano, Hiromi Hamada, Noritomo Itami, Ryoichi Nakazawa, Sadayoshi Ito
公開年 2010年
論文名 A novel bioactive haemodialysis system using dissolved dihydrogen (H2) produced by water electrolysis: a clinical trial
結論
直接的な効果は微妙。
ただ、体質改善のサポートとしてはあり!

腎不全を含む腎臓病は薬だけで抑えることが難しいため、人工透析の他にも以前から食事療法などが重視されてきました。つまり体のコンディションを安定させることが腎臓を労わるために重要だということがうかがえます。ラットを使った実験などを通して、水素水の効能を検討する動物実験の中には、腎障害の発症に、一定の成果を上げているものがあります。

もし人間が使用するなかで同様の結果が出れば、急性腎不全、慢性腎不全の発症が抑えられるかもしれません。また、血液透析に水素水を使う実験も行われています。しかし、まだいずれの場合も人体での効果確認はできていません。水素水が人体の中でどれだけ効果を発揮するかということ自体が研究段階にあり、効果そのものが科学的に証明はされていませんが、飲んだ後は普通の水と同じように排泄され、副作用もなく、薬などのように構えて使用するものでもありません。

腎臓病はサイレントキラーと呼ばれるほど静かに進行する病気で、気がつかないうちに進行するのです。水素水の場合、持続的に飲用しないと効果が見えることはありませんが、ごく自然に飲めるので、ゆっくり長く取り組むには適したものといえそうです。一度試してみてはいかがでしょうか。

4つのタイプでどれが1番?水素水の取り入れ方を比較