HOME » 水素水での改善効果が期待できる症状 » 高血圧
 
6

高血圧

そもそも高血圧ってどんな病気?

水素水が高血圧に効果的であることを理解するために、高血圧の症状や基礎知識、水素水の作用との関係や口コミを紹介します。

生活習慣病のひとつとして社会問題ともいえるほど患者数の多い高血圧は、非常に危険な要素を持ちながらなかなか改善できない病気です。

具体的にみると最高血圧140mmhgまたは以上最低血圧90mmhg以上が高血圧とされていて、生活習慣の乱れやストレスなどが原因とされています。高血圧の具体的な症状をあげてみると、頭痛や動悸、息切れ、耳鳴りなどがありますが、これらは高血圧の特徴的な症状とは言えないために気付かない人も少なくありません。ただし、進行すると動脈硬化のリスクが高まり、血栓が起こりやすくなります。その結果、脳梗塞や心筋梗塞などの重い病気を引き起こす原因となり、予防や早期発見が重要と言われています。

年を取ったら血圧が高くなるという間違った知識を持っている人、血行いるそうです。でも実際は暴飲暴食とか塩分の取りすぎや肥満のような日常生活の問題点から起こることがほとんど。一度高血圧になれば薬を飲み続けなければいけないし命にかかわる病気になることもありますから今のうちに予防しておきたいものです。

 

高血圧と水素水の関係を考える

高血圧になる原因は生活習慣の乱れとよく言われますが、直接的な原因はそこから増えた活性酸素です。活性酸素は、体内にある不飽和脂肪酸と結合して過酸化脂質という物質に変わります。実は、過酸化脂質は動脈硬化の原因と言われていて、血液が体内にスムーズに循環するのを妨げてしまいます。心臓は、全身にくまなく血液を送ろうとしますが流れが悪いために強い圧力で送りだそうとします。これが高血圧の仕組みです。

そこで高血圧を根本的に改善するためには、流れを妨げている過酸化脂質の生成を抑えなければいけません。水素水は高い抗酸化作用をもっていて、過酸化脂質を生成する原因となる活性酸素を取り除く働きを持っています。水素は分子が非常に小さいため血液内に吸収されやすいので、水素水を体内に取り込めば血液の中に含まれる過酸化脂質を効率よく抑制できるというわけです。普段から水素水を摂ることで高血圧の予防効果も期待できるといえます。

水素水を飲むだけで高血圧の予防や改善ができればとても簡単ですよね。料理の味付けや生活習慣を急に変えるのは難しいし、ストレスから逃れることなんてできやしないし。ならもっと手軽にできる水素水を飲んで健康管理をするって賢い選択じゃないかなって思います。

高血圧対策に水素水を飲む人の口コミ

頭痛の回数が減っています
50代/女性

高血圧予備軍と言われ、食事の改善や運動を指示されましたがなかなかうまくいきませんでした。水素水を知って飲み始めてから頭痛の回数も減り、変動はあるものの正常値にかなり近くなってきたのに驚いています。医者もびっくりです。

動悸・息切れがなくなった
60代/男性

親の代からの高血圧で仕方ないと思っていました。妻が心配して水素水を飲みなさいと定期購入してくれて飲み始めたからというもの体が軽く、以前のような動悸や息切れがすることがなくなったように思います。水素水のお蔭だと思っています。

数値が少しずつ下がった
40代/女性

高血圧と高血糖を持っているばりばりのメタボです。運動は苦手で食べることがやめられない。でも命は惜しい。わがままな私に家内が水素水があると調べてきてくれました。水なら飲めると始めてみたら、数値が下がり少しずつではありますが良くなっています。

4つのタイプでどれが1番?水素水の取り入れ方を比較