HOME » 水素水での改善効果が期待できる症状 » 高血圧
 
6

高血圧

そもそも高血圧ってどんな病気?

生活習慣病のひとつとして社会問題ともいえるほど患者数の多い高血圧は、非常に危険な要素を持ちながらなかなか改善できない病気です。生活習慣の乱れやストレスなどが原因とされています。進行すると動脈硬化のリスクが高まり、血栓が起こりやすくなります。その結果、脳梗塞や心筋梗塞などの重い病気を引き起こす原因となり、予防や早期発見が重要と言われています。

年を取ったら血圧が高くなるという間違った知識を持っている人、血行いるそうです。でも実際は暴飲暴食とか塩分の取りすぎや肥満のような日常生活の問題点から起こることがほとんど。一度高血圧になれば薬を飲み続けなければいけないし命にかかわる病気になることもありますから今のうちに予防しておきたいものです。

 

高血圧の原因

食事/肥満/ストレスなどの生活習慣が原因

高血圧とは、最高血圧が140mmhg以上、最低血圧が90mmhg以上の場合を言います。両方でなくても、どちらか一方に当てはまる場合も高血圧です。ちなみに血圧とは、心臓から血液が送り出される時の血管の壁に加わる圧力のことです。高血圧は、この圧力が強いということですから、血管に与えるダメージが大きくなり、血管はボロボロになります。また、全身にくまなく血液を送り込むためには、より大きな圧力が必要になるので、心臓への負担が大きくなります。

高血圧から、たとえば、心臓内の血管の血液の流れが悪くなり詰まってしまうと心筋梗塞、脳への血液がうまく運ばれなくなると脳梗塞になります。あるいは、脳の血管が破裂してしまうと、脳出血になります。このように高血圧は、症状が進むと、命に関わる危険のあるとてもコワい病気なのです。ところが、高血圧になってもほとんど症状はありません。頭痛やめまい、耳鳴り、動悸などを訴える人もいますが、気づかない人も多いのです。高血圧とは、最高血圧が140mmhg以上、最低血圧が90mmhg以上の場合を言います。両方でなくても、どちらか一方に当てはまる場合も高血圧です。

ちなみに血圧とは、心臓から血液が送り出される時の血管の壁に加わる圧力のことです。高血圧は、この圧力が強いということですから、血管に与えるダメージが大きくなり、血管はボロボロになります。また、全身にくまなく血液を送り込むためには、より大きな圧力が必要になるので、心臓への負担が大きくなります。

高血圧から、たとえば、心臓内の血管の血液の流れが悪くなり詰まってしまうと心筋梗塞、脳への血液がうまく運ばれなくなると脳梗塞になります。あるいは、脳の血管が破裂してしまうと、脳出血になります。このように高血圧は、症状が進むと、命に関わる危険のあるとてもコワい病気なのです。ところが、高血圧になってもほとんど症状はありません。頭痛やめまい、耳鳴り、動悸などを訴える人もいますが、気づかない人も多いのです。

高血圧の改善方法

1薬と毎日の血圧チェックで血圧を管理

  • 薬物療法

    高血圧の治療には、食事や肥満、アルコール、喫煙、運動などに着目した一般療法と薬を服用する薬物療法があります。まずは一般療法を行い、半年ほど続けても効果がない場合、薬を服用するといったように、段階的に進めていくことが多いようです。

    一口に血圧を下げるための薬(血圧降下剤)といっても、利尿薬、カルシウム拮抗薬、ACE阻害薬、β-α1ブロッカー、アンジオテンシンⅡ、受容体拮抗薬など、さまざまな種類があります。一般的な治療法としては、まずは1種類の薬を服用し、効果があまりなければ別の種類の薬に代える、あるいは2種類の薬を飲んでみるなどの治療が行われます。

    ただ血圧降下剤は、高血圧が完治する薬ではなく、一時的に血圧を下げる薬のため、一度服用すると、ずっと飲み続けなくてはならないと言われています。そのため、服用して血圧が下がったからといって、医師に相談せずに自己判断で服用を中止してはいけません。

  • 血圧管理

    実は血圧は、とても変化するものなのです。気温によっても、あるいは1日のうちでも朝、日中、夜では違いますし、激しい運動した時と静かに過ごしている時でも違います。一般に気温が低いほうが、日中よりも朝起きた時のほうが、静かに過ごす時よりも動いている時のほうが高くなります。

    忘れてはならないのが、緊張した時とリラックスした時の違いです。緊張すると途端に血圧は高くなってしまいます。そのため病院で測定した血圧はどうしても高くなるため、自宅での血圧測定がとても大事になるのです。毎日、決まった時間に血圧を測り、日頃の血圧を知ることが、あなたの血圧の“本当の状態”を知ることにつながります。

2ストレスフリーな生活で血圧を下げる

  • 減塩食事を心がける

    日本人の1日平均食塩摂取量は10.6gで、世界の平均10gよりも少し高くなっていますが、これは最近の減塩志向のおかげで、少し前まで日本人の1日平均食塩摂取量は12.8gでした。高血圧の改善のためには、もう少し頑張って減塩をし、1日6~8gにとどめたいものです。減塩を心がけているつもりでも、外食時やスープ、調味料に意外と多くの塩分が使われていることもあるので気をつけてください。また体内の食塩を排泄させる働きのあるカリウムを多く含む食品、たとえば野菜、海藻、きのこ類、くだものなどをとるようにするのも効果的です。

  • 運動で心肺機能の強化

    高血圧の改善には運動するとよいとよく聞きますが、それは、運動して痩せるからと思っている人も多いのでは? たしかに肥満だと高血圧になりやすいので、そうした側面もあるのですが、ほかにも理由があるのです。運動をすると、しない時に比べて多くの酸素が必要になります。つまり、それだけ多くの酸素を取り込んでいるということです。これを繰り返すことで、心臓と肺の機能が高められ、その結果、血圧が下がるというわけです。

  • 心身ともにリラックス

    高血圧改善には、ストレスフリーな生活が大事です。ぐっすり眠って、疲れをためないためにも、ストレスを発散させる自分なりの方法を見つけたいですね。ただし、ストレスを発散させようとお酒や喫煙に頼るのはNG。この2つは高血圧の悪化を招きかねないので、なるべく控えるようにしましょう。

高血圧になる原因のほとんどは、塩分を摂りすぎた食事、肥満、ストレス、アルコール、喫煙などの良くない生活習慣からと言われています。高血圧の改善は、なんといっても血圧を下げること。年を取れば誰でも高血圧になると思っている人もいるようですが、努力次第で高血圧は改善することができます。

水素水と高血圧の改善効果

  • 血流を妨げる「過酸化脂質」

    高血圧の一因である生活習慣の乱れとは、塩分の多い食事や動物性脂肪の摂りすぎ、不摂生による肥満、運動不足、睡眠不足など、挙げればきりがありませんが、こうしたことがなぜ高血圧を引き起こすのかというと、このような生活を続けることで体内に活性酸素が増えてしまうからです。酸素は人間が生きていくうえで欠かせないものですが、適量を超えて増えてしまうと、体にとっては有害なものになってしまいます。その理由は、上手に体外へ排出されず、体内であまったままの酸素は活性酸素となり、体内にある不飽和脂肪酸とくっついて過酸化脂質となります。この過酸化脂質は流れにくいので、血管内にとどまってしまい、血液を流す邪魔になります。このように血液の流れが悪い状態を「動脈硬化」と言います。

  • 動脈硬化を防げれば高血圧になりにくい

    動脈硬化により、血液の流れが悪くなると、からだの隅々まで血液を送るために、血液がスムーズに血管を流れていた時よりも、もっと強い圧力をかけて血液を流さなくてはならなくなります。つまり、動脈硬化が進めば進むだけ、高血圧になるというわけです。反対に、動脈硬化を防げれば、高血圧になりにくいということです。水素水には活性酸素を排除する効果があることは、動物実験などを通した論文で発表されており、実証されているもの。だから、水素水を使えば、活性酸素を効率的に排除できるので、過酸化脂質がつくられずにすみ、動脈硬化が起こらない。動脈硬化が起こらなければ、高血圧になりにくいという仮説が成り立ちます。しかしながら、これはあくまで仮説の段階で、残念ながら、それを実証する実験などはまだ行われていないのが現状です。

結論
高血圧の改善のために水素水を飲んでもムダ!

水素水の活性酸素除去効果を使えば、動脈硬化を防いで高血圧を予防・改善できるのではといった期待は高まってはいますが、この分野の実験さえ行われていないため、今の段階では「水素水を試してみて!」とは言えません。

ただ高血圧の予防・改善には、食事や生活スタイルを変えなくてはならず、わかってはいるけれど、なかなか実行できない人も多いはず。水素水を飲むだけで高血圧が予防・改善できるならどんなにラクかと思ってしまうものです。少なくとも、水素水を飲むことは、高血圧の予防・改善のために「今日の食事の塩分摂取量はどのくらいかな?」「ちゃんと運動しなくちゃ」「早く寝なくちゃ」といったストレスを感じることはないはず。この分野の研究が早く進めばいいなと思っています。

4つのタイプでどれが1番?水素水の取り入れ方を比較