HOME » 水素水での改善効果が期待できる症状 » 高血糖値
 
7

高血糖

糖尿病を引き起こす高血糖とは

水素水が血糖値を下げる効果によって糖尿病を改善することについて、高血糖の基本的な知識と水素水の働きとの関連や、口コミを紹介します。

そもそも高血糖は、血液中の糖濃度が高い状態をいいます。食事をすると誰でも血糖値は上がりやがてエネルギーとして使われ減少していきます。しかし糖尿病の人は血糖値が正常値まで下がらず高いままになってしまうのです。これはすい臓から分泌されるインシュリンが正常に働かないことが原因とされます。

血糖値が高くなると、尿の量が増え喉が渇いたり水を飲みたくなります。初めのうちは体重が減り、疲れやすいと感じるようになります。進行するにつれて視力が低下したり手足の痺れや痛み、歩行困難や便秘・下痢、立ちくらみといった症状が表れます。合併症も深刻で悪化すると失明や指など末梢部分の壊死が起こる恐ろしい病気です。

糖尿病は自覚症状ほとんどないので、早期発見が難しいので気が付けば悪化していたというケースもある病気だそう。ですから定期的に検査を受けるなど、日ごろから自分の体調管理や生活習慣の管理をすることがとても大切。健康診断で注意を受けたらこまめに検査をうけたり生活習慣の見直しをしなくちゃいけませんよ!

 

糖尿病と水素水の関係を考える

実はすい臓でインシュリンを作りだすβ細胞は、悪玉活性酸素に影響を受けやすくダメージを受けることでインシュリンの分泌がうまく行われず血糖値のコントロールが難しくなります。また、細胞の中にあるミトコンドリアは、悪玉活性酸素によって正常な働きができなくなり細胞内に糖を取り込むことができなくなるために、血液中に糖が残った状態になるのです。

そこで水素水が体内に取り込まれると、悪玉活性酸素の働きを抑えて無毒化するためβ細胞やミトコンドリアが再び活力を取り戻します。こうしてインシュリンが適切に分泌され、細胞は血液中からきちんと糖を取り込んでエネルギー源として働くようになるというわけです。

水素水については、現在もさまざまな臨床試験が行われていて論文発表などもされています。実際に水素水を予備軍の人に飲んでもらったところ8週間で正常値になった、継続的な引用で効果がさらに高まった、という報告があるそうです。

いままでのいろいろな報告を受けて既に医療現場で水素水を勧めているところもあるそうですよ。それに高血糖の治療や改善効果だけじゃなくて、糖尿病の合併症も効果があるそうです。動脈硬化に効果があることは医学的にも証明されているそうです。

糖尿病リスクのある人による水素水の口コミ

医師の勧めで飲み始めました
50代/女性

糖尿病の私は、以前は血糖値が200以上ありました。医師の勧めもあって水素水を飲み始めて数値が下がり170くらいになりました。続けるほど効果が出ると聞きこのまま続けていこうと思っています。

体重は減って体調もいい
40代/男性

会社の健康診断で糖尿病予備軍と言われ愕然。運動も長続きしませんし時間もなく何か良い方法はないかと調べていて水素水に出会いました。毎日飲んで1年後の人間ドックでは正常値に。体重も減って体調もいいようです。

3ヵ月で正常値に!
50代/男性

血糖値と血圧が高くメタボリック診断でひっかかりました。予備軍とのことで今できることをと思い水素水を試してみたところ2~3ヶ月ですっかり正常値になりました。血圧はまだ少し高めですので続けてみようと思います。

4つのタイプでどれが1番?水素水の取り入れ方を比較