HOME » 水素水での改善効果が期待できる症状 » むくみ
 
4

むくみ

パーキンソン病などにも見られるむくみとは

女性の悩みに多いむくみを改善するのに効果があると言われる水素水の働きやむくみの基礎知識について、使っている人の口コミを交えて紹介します。

むくみとは浮腫といわれるもので、血液やリンパ液の循環が悪くなり体の一部にたまってしまった状態です。通常は心臓がポンプの役割をして全身に滞りなく流れている血液や水分が何らかの原因でうまく循環されていないのです。特に多くみられるのが足で、靴下の跡がついたり酷い冷え性になることもあります。

一般的にむくみの原因は「寝不足」「運動不足」「冷え」「塩分・糖分の取りすぎ」「ストレス」「立ちっぱなしなど長時間の同じ姿勢」があり、妊娠中や生理前もむくみが起こりやすくなります。

しかしパーキンソン病では病的なむくみがみられます。脳が出すドーパミンというホルモンが極端に少なくなるために手足の震えや歩行困難などの運動能力の低下が見られる病気です。体の新陳代謝が悪くなり、血液がきちんと循環されずむくみうや体温調節機能の低下が起こります。

飲みすぎた朝とかよくむくんでいますが、これは循環が悪くなっている証拠なんですね。むくみを解消する方法をいろいろ試してみてもなかなか効果が出ないのがホントのところ。何かいい方法はないものかといつも思っていました。え?そんなに飲まなきゃいい?あ、確かにね…

 

むくみと水素水の関係を考える

むくみの改善には、血行を促すことと体にたまった不要な悪玉活性酸素や余分な水分を排出することが必要です。水素水を飲むと体内にある活性酸素を無毒化して水に変える働きを持っています。粒子が非常に小さい水素分子は体内のあらゆるところに入りこんで、隠れた悪玉活性酸素も排出することができます。こうして水になってたまった水分は、さらに水素水で高められた新陳代謝の働きで体外にスムーズに排出されることになります。

利尿作用という働きで、特に水素水については副作用もないとされているため、体に負担なく余分な水分を排出することができます。また、水素水のもつ抗酸化作用はポリフェノールの約221倍といわれています。それだけ強い抗酸化力が血行促進を強力にサポートしてトリプル効果でむくみを撃退してくれるというわけです。

水素水は、むくみの原因を根本から取り除いてくれるからすごい効果があるんですね。細胞がちゃんと働いてくれて、不要なものを外に出せるようになればむくみも解消されるということ、ものすごく納得しました。ポリフェノールの221倍の抗酸化力があるってとにかくすごいパワーってことです!

実際にどうだった?口コミ評価を調査

お腹周りがすっきりです
40代/女性

飲み始めて1週間でお腹周りがすっきりしてきたように思います。お腹の張りが解消され、足のむくみも嘘のように楽になりました。仕事柄立っている時間が長いのですが疲れが早く取れると思います。

足のむくみが楽になりました
30代/女性

デトックスのつもりで水素水を飲み始めました。血行促進や新陳代謝の促進効果が高いと聞いていたので健康のために飲んでいたのですが、長年悩んでいた足のむくみが楽になったのは驚きでした。

手足にぬくもりが戻ってきた
50代/男性

パーキンソン病と診断され、足がとてもむくんでしまった家族に飲ませています。水を飲ませるだけなので薬のように忘れることもなく便利です。あれだけ冷たかった手足に温もりが戻ってきたことに驚きました。

4つのタイプでどれが1番?水素水の取り入れ方を比較