HOME » 水素水での改善効果が期待できる症状 » 認知症
 
10

認知症

認知症の基礎知識

認知症を水素水によって改善できるという効果の詳細な情報や実際に使っている人の口コミを紹介します。

認知症は、何らかの原因によって脳細胞が死んでしまったりうまく働かなくなることで障害が起こった状態をいいます。厚生労働省の調査で、65歳以上の高齢者の中で認知症の人が推計で15%程度、460万人以上といわれています。また、軽度の認知障害にある人は約400万人といわれ65歳以上の高齢者の4人に1人という高い割合となっています。

認知症は主に3つのタイプに分類されていて『アルツハイマー型認知症』『脳血管性認知症』『レビー小体型認知症』があります。

最も多いのがアルツハイマー型認知症で次が脳血管性認知症と続きます。

物忘れに始まり酷くなると徘徊などさまざまな症状が表れて、社会問題化しているともいわれています。

老化が原因ともいわれますけど、認知症の問題はもっと奥が深いような気がしてなりません。家族が介護をするにあたってもその苦労はとても大きく負担は激増していますね。認知症を何とか少しでも改善できてみんなが笑顔でいられる社会になってほしいと常日頃思っている私です。

 

認知症と水素水の関係を考える

水素水を引用すると、活性酸素を取り除き血行を促進する作用が高まることがわかっています。この働きによって脳の神経細胞が活発に働くようになるといわれています。脳の萎縮を伴う認知症では、その進行を遅らせる可能性が示唆されています。

中でもアルツハイマー型と脳血管疾患型では、実際の事例として症状が改善したという報告があります。

1997年日本医科大学の論文では、水素で脳こうそくのマウスの症状が改善した」という結果が発表されています。脳の神経細胞に入りこんだ活性酸素が水素の効果で中和無毒化され、細胞のダメージが抑制されたことが理由とされています。

脳は、その活動に大量の酸素を使うと言われています。その過程で、同時に活性酸素も大量に発生することがわかっています。ただし認知症と水素との関連は研究の途上にあり、これからの成果に期待されています。

認知症の研究や治療法についてはさまざまな機関で研究が続けられています。しかしまだその原因究明も難しくて治療となるとさらに先の話のようにも思えます。水素水が認知症に何かしらの効果があるならば、ぜひ私も身近な人に教えてあげようと思います。

水素水の認知症対策口コミまとめ

毎日穏やかに過ごしています
40代/男性

認知症を発症した父が薬を飲みたがらないため、家の飲料水を水素水に替えました。大きな変化はないものの、毎日比較的穏やかに過ごしているのを見ると効果があるのかもしれないと感じています。

落ち着きが見えるように
50代/女性

母の徘徊に悩んでいましたが、水素水を飲ませるようになって落ち着きを見せるようになりました。治るわけではありませんが、少しでも家族も穏やかな時間が過ごせるならと水素水を家族全員で飲みながら介護をしています。

両親共に元気なようです
50代/男性

老老介護の実家で、認知症の父と介護をする母双方の健康を心配して水素水を飲ませています。そのおかげか、いろいろありながらもとりあえず元気で過ごしているようです。

4つのタイプでどれが1番?水素水の取り入れ方を比較