HOME » 水素水での改善効果が期待できる症状 » パーキンソン病
 
9

パーキンソン病

そもそもパーキンソン病ってどんなもの?

さまざまな障害が起こるパーキンソン病についての基礎的な知識を踏まえ、水素水がどのように働きかけるのかや実際に使っている人の口コミを紹介します。

パーキンソン病は原因が解明されていない病気です。ただその成り立ちは、中脳の黒質から分泌されるドーパミンが正常に分泌されず20%以下になることで神経系の伝達がうまくいかなくなり、震えや痺れ、機能障害などが起こると言われています。その症状は多彩で、初期には震えや筋肉のこわばり、無動とよばれる体の動きが小さくなる状態や姿勢がスムーズに変えられなくなる姿勢障害の4つがみられます。さらに自律神経機能の低下をはじめ、低血圧、立ちくらみ、排泄障害、発汗障害、睡眠障害、物忘れ、性機能の低下などのほか、うつ症状があげられます。

血液検査やレントゲンでは異常がなく神経内科などで専門的な診断を受ける必要があります。

パーキンソン病という病気は初めて聞きました。歩けなくなる、動けなくなるって凄く怖いですね。それに原因がよくわかっていないのも不安ですよね。急にこんな症状が出たらびっくりします。こまめに検査に行ったりして健康管理しなくちゃいけないなと思いました。

 

パーキンソン病と水素水の関係を考える

近年、パーキンソン病の改善に水素水が注目されるようになりました。

パーキンソン病はドーパミンの分泌異常が原因ですが、そもそもは活性酸素による酸化ストレスによるものではないかと言われています。

2009年には九州大学大学院とパナソニックのグループが水素水がパーキンソン病の予防と治療に有用であるという発表を行っています。これはマウスによる実験的検証によるものですが、名古屋大学でも水素水と水素ガスを使ってラットのパーキンソン病の症状が大きく改善したという報告をしています。

現在パーキンソン病の治療は薬物療法が主流ですが、副作用の問題も抱えています。しかし水素水は副作用がなく無害であることや、浸透力が高いため脳の神経細胞から全身の末梢部位まで到達して活性酸素を除去できることから、パーキンソン病の症状改善が大きく期待されています。

パーキンソン病を治す薬は副作用も強いんですね。本当に大変…副作用がなくて効果のある水素水を積極的にとって症状が和らいでくれるといいですよね。水素水が脳まで働くとは本当にすごいやつです。薬に頼らずによくなるのならぜひ試したいと思うのも無理はありませんね。

パーキンソン病対策に水素水を飲む人の口コミ

足元がしっかりしてきました
60代/女性

パーキンソン病を発症した主人に飲ませています。水素水を飲ませるようになって少しずつ足元がしっかりしてきたように思います。笑顔が時々見られるようになったのも水素水の効果かなと思っています。

薬より精神的に楽です
70代/女性

テレビで見て水素水を飲んでいます。実はパーキンソンと診断されて数年。日常生活はなんとかこなしていましたが不安に押しつぶされそうでした。水素水は毎日飲んでも苦ではないので薬より精神的にも楽です。

母の症状が改善されました
50代/女性

パーキンソン病と診断されてうつになりそうだった母が、水素水を飲み始めて4ヶ月、散歩に出るようになりました。少しずつですが改善しているように感じています。とりあえず続けてみようと思っています。

4つのタイプでどれが1番?水素水の取り入れ方を比較