水素水なび » 水素水での改善効果が期待できる症状 » リウマチ
 
8

リウマチ

そもそもリウマチってどんなもの?

リウマチと呼ばれる病気のほとんどは、関節リウマチです。関節リウマチは、自分の免疫機能に何らかの原因で異常が生じて、自分の関節を攻撃するために関節に痛みや腫れが起こる病気です。本来は外からの侵入者を攻撃するのが免疫系の役割ですが、自身の関節を攻撃して炎症が起こり、さらに悪化すると関節の破壊が進み変形して機能に障害が起こります。手足の関節(特に第2関節)に起こりやすく、左右同時に見られるのが主な特徴です。中には熱が出たり慢性的な倦怠感、食欲不振などが起こり、さらに進行すると肺や血管に炎症が波及することもあります。ただし、片方だけや一部だけに見られる単関節型も少なくないと言います。

初期の症状としては、起床後30分以内にみられる手のこわばりや痛みをはじめむくみや動かしにくさなどがあげられます。一般的に30代以降の女性に多く見られ、日本では70万人以上が罹患していると言われています。早期発見が大切ですが、新薬も開発されて症状が落ち着く寛解とその維持を目指した治療が行われています。

 

リウマチの症状・原因とは?

リウマチは関節の腫れと痛みから

リウマチは関節やその周囲の骨、筋肉などの炎症や腫れ、痛みなどを総称した疾患の名前です。この病気は免疫機能に何らかの異常があって起こるもので、一般的に「慢性関節リウマチ」といわれています。この症状が出やすい部分は、肩、肘、股関節、膝、足首などで、手足の指の関節などにも見られます。

初期では手足がこわばったり、しびれを感じ、腫れが出て、痛みを感じるようになります。症状が進むにつれ、関節が変形し、動きもだんだん悪くなっていきます。また、リウマチ性の疾患は、関節周辺以外にも起こることがあります。例えば心臓や肺、目や神経などの病気の原因となっていることもあるので注意が必要です。

過去には栄養状態の悪いことが原因といわれたこともありましたが、今は、免疫機能の異常による病気といわれています。その引き金となる原因は、体質的にかかりやすい、細菌の感染、過労、ストレスなどがあげられ、また、活性酸素が原因ではないかという説も有力な研究対象となっています。強い遺伝性はいわれていません。肥満など、栄養過多の場合にも起こることはあり、関節痛を悪化させることになります。

リウマチを治療するには?

治療方法

薬物でリウマチで起こった免疫異常を直す

抗リウマチ薬は疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARDs)ともよばれるもので、免疫調節薬、免疫抑制薬、生物学的製剤の3つに分類することができます。疾患修飾性抗リウマチ薬は、リウマチで起こった免疫異常を直し、病状の進行を抑え、炎症などの改善を目的とするものです。そして、速やかに炎症を抑え、痛みを軽減することを目的として非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)なども使用されます。また、対症的な効果が高いため、副腎皮質ステロイド薬(副腎皮質ホルモン薬)も補助的に使われます。

リウマチが進行すると関節に変形が生じるため、完全に治療することができなくなります。リウマチの諸症状がコントロールされ、ほとんどなくなったように感じられる状態を「寛解(かんかい)」とよびます。完治が難しいため、寛解することを目標とした治療が行われますが、寛解してはまた悪化することの繰り返しが多いのも実情です。そのため、少しでも早く、根気よく治療を行うことが大事なのです。

近年、抗リウマチ薬としてはメトトレキサート(MTX)という免疫抑制薬が標準薬として使用されることが多くなりました。しかし、これは妊娠、授乳期の女性や肝臓・腎臓疾患のある人などには使用できません。このMTXによる治療で効果がないときには生物学製剤(TNF阻害剤)などを使うことになります。

リウマチの「寛解」

リウマチには「寛解」という言葉があります。これは、病気の症状がコントロールされ、ほとんどなくなったと感じられる状態をいいます。関節の変形が起こるなど、完治が難しいため、多くの場合この寛解をめざすことになります。少し専門的にいうと、「臨床的寛解」「構造的寛解」「機能的寛解」という3つの観点から治療目標が達成されることです。

「臨床的寛解」は、炎症や自覚・他覚的症状がなくなる、「構造的寛解」は、関節の破壊がほとんど止まる、「機能的寛解」は身体機能が維持されている、というものです。現在は数値的に評価する各種の基準もつくられ、正確でわかりやすい評価ができるようになってきています。

リウマチには専門医がいます。専門医の団体である「日本リウマチ学会」や、「リウマチ情報センター」「日本リウマチ友の会」などもありますので、調べてみるとよいでしょう。

リウマチを改善・予防するには?

栄養状態が悪いと症状が悪化する

かつて、リウマチは栄養状態が悪い人がなる病気といわれたことがありました。現在はそういう言い方はされなくなりましたが、「栄養状態が悪いと悪化する」という傾向は確かにあるそうです。そのため、良質なたんぱく質やビタミン、ミネラルなどをしっかりとバランスよく摂取する必要があります。

改善・予防方法

生活習慣「感染」「過労」「ストレス」に要注意!

リウマチは自分の体内の免疫機能が異常をきたす病気です。自分の体を守るはずの免疫の仕組みがどこかで異常を起こし、それが主に関節などに症状として現れるのです。病気の発症メカニズムはまだ解明されたわけではありませんが、感染や過労やストレスが起因となって発症することが多いといわれています。また、喫煙や出産などがきっかけになることも報告されています。感染、過労、ストレスなどは、どれをとっても現代人には身近すぎるマイナス要因です。体も心も常にバランスのよい状態を保つことが大切だといえるでしょう。

食生活不飽和脂肪酸の摂取

関節の炎症を鎮める物質として、不飽和脂肪酸の効果がよく紹介されています。中でもイコサペンタエン酸(IPA)や、α‐リノレン酸がよいといわれています。これらは体内でプロスタグランジンというものにかわり、炎症を抑える効果を発揮するのです。一般的にも魚を食べるのが体によいといわれますが、ハマチやキンキなどの脂にはこのIPAが多く含まれています。また、α‐リノレン酸はシソ油やエゴマ油に多く含まれていることが知られています。また、ビタミンCは痛みを抑えるステロイドホルモンの分泌を促し、ビタミンEは血流をよくして痛みを和らげます。

水素水とリウマチの関係性

研究が進む、水素水のリウマチへの効果

近年、水素水を用いて悪玉活性酸素を除去しようという研究が進められています。これは、リウマチ発症の原因の1つとして、悪玉活性酸素・ヒドロキシルラジカルがかかわっているといわれるようになったからです。

活性酸素がリウマチを引き起こす大きな要因の1つであれば、そのコントロールが期待される水素水が効果を発揮するのではないかという仮説も立てられます。これらを研究仮説として掲げた臨床試験などが行われて、その効果が報告されています。リウマチは短期間の投薬で完治できる病気ではありません。「寛解」という言葉が示すとおり、長い治療の上で、良くなったり悪くなったりを繰り返す可能性も多いのです。

そのため、医師の診断による投薬は大切ですが、自分で生活習慣を改善したり、サプリメントなどを補助的に利用するのもいいのではないでしょうか。活性酸素の除去が期待される水素水の効果についての研究がリウマチの分野で行われるのも、こういった環境があるからなのでしょう。

研究成果

1体内の酸化ストレスが軽減

悪玉活性酸素を軽減することで従来の治療法の補充療法になるのではないかという仮説のもとに、2012年2月の第2回分子状水素医学シンポジウムで福岡の原土井病院の医師が報告した「関節リウマチにおける5ppm高濃度水素水の飲用効果」という臨床試験が行われています。

この報告書の中で、水素水を飲むことでリウマチの症状が改善したと報告されています。これは20人のリウマチ患者に5ppmの高濃度水素水を毎日530ml、4週間毎日飲んでもらい、その後4週間の不使用期間を経て、さらにその後4週間水素水を飲んでもらうという実験の結果です。この報告によると、水素水を飲むことで患者の体内の酸化ストレスが軽減し、それと同時にリウマチ症状も改善したということです。特に発症から12か月以内の初期の患者は、5人中4人で症状が完全になくなったとのことでした。

執筆者 T. Ishibashi et al(原土井病院、福岡)
公開年 2012
論文名 Consumption of water containing a high concentration of molecular hydrogen reduces oxidative stress and disease activity in patients with rheumatoid arthritis: an open-label pilot study

2水素が悪玉活性酸素ヒドロキシルラジカルを除去

また、上記とは別に、2014年には水素水を点滴することでリウマチの症状が改善したという臨床実験データも報告されています。これは24人の患者に1ppmの水素水を1日1回500ml、4週間毎日点滴するというものでした。ここでも患者の酸化ストレス軽減が認められ、症状も平均で25%改善し、関節炎は30%改善したと報告されています。この実験は水素が悪玉活性酸素ヒドロキシルラジカルを除去することを検証することが目的でしたが、免疫システムにも作用する可能性が示唆されたとも報告されています。

執筆者 不明
公開年 2014
論文名 Therapeutic efficacy of infused molecular hydrogen in saline on rheumatoid arthritis: a randomized, double-blind, placebo-controlled pilot study. Int Immunopharmacol
結論
直接のリウマチ改善は難しい。
生活習慣の改善のサポートとしてはあり!

リウマチはまだ発症のメカニズムが完全に解明されていない病気ですが、この病気は免疫機能の異常により発症することがわかってきて、この方面での治療薬の開発も進んでいます。しかし、発症した場合には医師による治療がもっとも大事なことに変わりはありません。そして、最近は発症の原因に活性酸素が関わっているのではないかという研究も進んできているのです。

しかし、リウマチは一度かかってしまうと簡単には完治できない病気であることにはかわりありません。それは「寛解」という安定状態をめざすという治療にあらわれているといえるでしょう。だとすれば、医師の治療だけでなく、自分で体の状態を良く保ち、活性酸素を減らす努力もできるのではないでしょうか。そうであれば水素水が体内の活性酸素を撃退することで、リウマチの原因を除去できるのかもしれません。

そして、このことを実証するための実験などが行われはじめています。リウマチは長い治療期間が必要な病気です。これに対抗するには根気よく、あきらめずに心と健康のバランスをとりつづけることが重要です。生活習慣の見直しや改善やとあわせ、副作用もなく手軽に飲める水素水を試してみるのもいいのではないでしょうか。

4つのタイプでどれが1番?水素水の取り入れ方を比較