HOME » 水素水での改善効果が期待できる症状 » 心筋梗塞
 
12

心筋梗塞

心筋梗塞の基礎知識

心筋梗塞とはどんな病気でどんな症状がみられるのかをチェックし、水素水がどんな効果を与えるのかを説明します。また、実際に使っている人の口コミを参考にしてみましょう。

心筋梗塞は、心臓の冠動脈という重要な血管が動脈硬化によって詰まり心臓の筋肉(心筋)に栄養が届かず壊死してしまう病気です。肥満の人に多いことでも知られますが、それ以外にも短気な人や責任感の強い人など心臓に負担のかかりやすい傾向の人に起こりやすく、高血圧や糖尿病をはじめとする生活習慣病や運動不足などでもリスクは高まります。

代表的な症状は、突然の激しい胸の痛みや呼吸困難、吐き気や冷や汗が挙げられます。大きな発作の前に左肩から背中の痛みや胸が強く圧迫されるような痛み、不整脈、虫歯でもない奥歯の痛み、左手に小指の痛みなどが見られることがあります。ただし前触れなく大きな発作が起こる人も多いとされています。

軽ければ入院して安静にした状態で心臓の負担を軽くしておけば落ち着きます。でも中には命にかかわるケースや再発することもあるそうですよ。肥満とかストレスとかいった生活習慣に関連しているみたいですから改善も重要なポイントのようですね。

 

心筋梗塞と水素水の関係を考える

心筋梗塞を起こすと周囲の血管がそれをカバーするために大量に血液を送りこみます。この時同時に大量の活性酸素が心臓周辺で発生し心臓にダメージを与えます。すると体の免疫機能が働いて血小板が血管に集中して再び詰まってしまう悪循環が起こるといいます。そこで血流をよくするための投薬療法を行っても血管が詰まっているためにその先には薬の成分が到達することができません。しかし水素水に含まれている水素分子は非常に分子が小さいため、細胞レベルで到達していき活性酸素を除去してくれることが期待できます。すでにマウスによる研究では、水素水を飲ませることでそれ以外の抗酸化物質を与えるよりも動脈硬化を抑える効果が確認できたと言います。心筋梗塞の全段階である動脈硬化を抑制できれば、心筋梗塞の予防にもつながると考えられます。

心臓はとっても大切な臓器。ダメージがあればすぐ死に直結してしまうイメージがありますよね。心臓の負担を減らすためにはどうしたらいいのか、毎日の生活の中で注意や努力を怠らないことが大切かもしれませんね。習慣で予防できれば理想的かもしれまねんね。

水素水の心筋梗塞対策口コミまとめ

不整脈が治まりました
50代/女性

ちかごろ胸の痛みや不整脈があり病院で心筋梗塞の前兆といわれ不安を感じていました。日常生活でできることはないかと考え水素水を飲むことにしました。不思議なことに不整脈も治まり、胸の痛みも忘れてしまうくらいです。

体が軽く快適です
60代/男性

高血圧と動脈硬化気味で経過観察中です。最近動悸もあるし不安になり、娘が水素水を頼んでくれました。飲んでいると体が軽く以前のようなだるさや息切れがないように思います。薬を併用しながら続けていくつもりです。

病院での検査も良好です
50代/女性

3年前に心筋梗塞の発作で倒れ緊急入院しました。それ以来水素水を飲んでいます。比較的体調も安定していますし、病院で検査を受けても経過は順調です。辞めることは考えられないほど生活に定着している大事な習慣です。

4つのタイプでどれが1番?水素水の取り入れ方を比較