HOME » 水素水での改善効果が期待できる症状 » 腫瘍
 
11

腫瘍

そもそも癌(腫瘍)ってどんなもの?

癌とはどのような病気なのか、そして水素水がどのように作用して癌に働くのかを解説していきます。口コミもぜひ参考にしてください。

実はどんな人にも癌の遺伝子は存在していますが、必ずしも癌になるわけではありません。何らかの原因で遺伝子にダメージが加わり細胞が癌化してしまうのです。健康であれば体の免疫機能によって癌細胞は退治されますが、癌細胞が免疫機能を突破して長い年月をかけてその勢力を増していきやがて癌を発症すると言われています。

癌は、発症後増殖と拡大を続け血液やリンパに乗って体のあちこちに広がっていき、正常な細胞の栄養を食い尽くしてしまうために体はどんどん衰弱していきます。癌の症状は、どの部位にできるかによって異なります。初期症状ではしこりや出血、貧血やめまい、体重の減少などが一般的に言われています。

癌はなんといっても死亡原因のトップ3常連の病気です。初期では気付かないことも多く、異常が表れたころには既に進行していたというケースもあり、死に至ることもあります。癌に効くと言われるものは多く、思わず飛びついてしまいそうですが、本当に効果のある物を見極める冷静さって大切ですね。

 

癌と水素水の関係を考える

癌の原因には、生活習慣やタバコ、アルコール、ストレスなどが挙げられます。そしてその多くは、活性酸素を生み出す原因となっています。これらの要因によって活性酸素が細胞にダメージを与えることで、細胞の癌化が進むといわれています。水素水には、これらの活性酸素を無毒化する働きがありますので、細胞のダメージが抑制されることから癌の予防に期待できるといわれています。

水素水には新陳代謝を促進し、高い抗酸化作用によって免疫力が高まり治癒力が向上するということもいわれています。癌が治る!というのは言い過ぎかもしれませんが、何らかの形で良い影響を与えることは期待できそうです。

他にも水素水には抗がん剤の副作用を軽減させる働きがあるとの報告があります。抗がん剤はその強い効果から副作用も強いと言われており、抗がん剤治療を子なっている人にとっては大きな期待が寄せられているといえるでしょう。

癌の治療に必ずしも効果的と言い切ることはできませんが、何らかの形で良い影響が表れているといわれれば、癌患者の方やそのご家族は、取り入れたいと思うでしょう。水素水だけで治療をするのではなく、あくまで治療のサポートとして取り入れると考えるのが正解かもしれません。

癌のために水素水を飲む人の口コミ

予想に反して元気です
60代/男性

進行している癌と宣告されて、落ち込んでいました。諦め半分で水素水を飲み始めて数ヶ月、予想に反して本当に癌なのかと思うほど元気に過ごしています。水素水のお蔭で毎日を楽しく一生懸命過ごしています。

副作用が軽くなったような
50代/女性

乳癌の手術後、抗がん剤の副作用に苦しんできました。再発も恐ろしくて毎日暗く沈んでいましたが、水素水を娘が紹介してくれて飲み始めてから副作用がなんだか軽くなったように感じます。再発はまだわかりませんが、とりあえずこうしていられる毎日と水素水に感謝しています。

癌が小さくなってきました
60代/女性

癌の手術をするか抗がん剤で様子を見るかの選択に迫られていました。手術はしたくない思いでとりあえず抗がん剤を選択し、いろいろ調べて水素水を飲むことにしました。そのためか、その後の検査で癌が小さくなっていることがわかり今も元気に水素水を飲みながら過ごしています。水素水をぜひおすすめしたいと思っています。

4つのタイプでどれが1番?水素水の取り入れ方を比較