HOME » 水素水での改善効果が期待できる症状 » 痛風
 
14

痛風

そもそも痛風ってどんなもの?

痛風に水素水がもたらす効果について、痛風の基礎知識を踏まえてわかりやすく説明します。実際に活用している人の口コミも紹介します。

痛風とは、文字通り風が吹いても痛みを感じるほどのつらい病気だと言われます。

痛風は体内の尿酸が増えすぎるためにかかることは一般的にも知られています何らかの原因で尿酸の生成と排泄のバランスが崩れて体内の尿酸が増えすぎてしまうと関節の辺りにたまってしま白血球が異物だと認識して攻撃するために痛みが起こるのです。

尿酸値が高くなる要因として、『肥満』『飲酒(アルコール)』『ストレス』『激しい運動』『遺伝』『薬の副作用』などが挙げられます。

痛風の症状は、足の親指の付け根にある関節から始まり我慢できないほどの痛みが起こり、やがて真っ赤に腫れと痛みが見られます。発作を繰り返し徐々他の関節にも症状が表れてきます。

痛風はぜいたく病と言われた時代があるそうですね。痛風で一番怖いのは合併症だそうです。特に腎臓の機能が低下するのが怖いそうですよ。食生活に原因があることも多いらしいので生活習慣病のひとつとしても注意が必要だとか。プリン体0に替えなくちゃと思うこの頃なのでした。

 

痛風と水素水の関係を考える

近年痛風の患者は60~70万人ともいわれていて、生活習慣の乱れなどが原因ともいわれています。

実は、水素水には痛風を改善する効果があるという説があります。

具体的には、痛風の原因の一つにアルコールなどに含まれているプリン体があります。体内に取り込まれたプリン体を分解する過程で活性酸素ができることがわかっています。アルコールの飲みすぎやお酒のつまみとして好まれるレバーや白子、魚介などにも含まれていて、アルコールを飲む機会の多い人は活性酸素を作りやすい体になっているといえます。そこで、水素水が持つ最大の特徴である活性酸素の除去効果によって痛風の症状が改善することが期待できるというわけです。

ただその明確な研究結果が報告されているわけではないため、まだ研究の段階です。活性酸素による悪影響を取り除く働きがあることは間違いないため、痛風に対しても少なからず良い影響を与える可能性は十分あるといえるでしょう。

痛風の痛みってそれはそれは酷いそうですね。薬を飲んでいてもなかなか改善しなくて、知り合いが嘆いていました。若い人にも増えているらしくて、他人事ではないようです。プリン体からできる活性酸素を水素水が取り除いてくれるなら、水素水で割ったアルコールを飲めば…ん?本末転倒か。

痛風対策に水素水を飲む人の口コミ

尿酸値が下がってきた
50代/男性

会社の健康診断で、尿酸値が高めと言われました。まだ痛風とまではいかないのです水素水を試すことにしました。酒の席も多いため禁酒は難しいので、水素水を続けていますが数値が下がってきたのでほっとしています。

動きも軽くなり楽です
50代/男性

知り合いに痛風の人がいていいよと聞いていたのですが、水素水を飲み始めてから近頃気になってきた足の関節の痛みが楽になったように思います。動きも軽くなり、もう少し続けてみようと思います。

2ヵ月で効果が現れました
40代/男性

痛風歴3年、足の関節が腫れて本当に痛いが仕事は休めない。そんな毎日でも続けられるものを探して水素水に出会いました。ダメもとで2ヶ月飲んでみたら腫れが引き痛みも軽くなり続けています。

4つのタイプでどれが1番?水素水の取り入れ方を比較