HOME » 水素水での改善効果が期待できる症状 » 痛風
 
14

痛風

そもそも痛風ってどんなもの?

痛風とは、文字通り風が吹いても痛みを感じるほどのつらい病気だと言われます。痛風は体内の尿酸が増えすぎるためにかかることは一般的にも知られています何らかの原因で尿酸の生成と排泄のバランスが崩れて体内の尿酸が増えすぎてしまうと関節の辺りにたまってしま白血球が異物だと認識して攻撃するために痛みが起こるのです。痛風の症状は、足の親指の付け根にある関節から始まり我慢できないほどの痛みが起こり、やがて真っ赤に腫れと痛みが見られます。発作を繰り返し徐々他の関節にも症状が表れてきます。

痛風の痛みってそれはそれは酷いそうですね。薬を飲んでいてもなかなか改善しなくて、知り合いが嘆いていました。若い人にも増えているらしくて、他人事ではないようです。プリン体からできる活性酸素を水素水が取り除いてくれるなら、水素水で割ったアルコールを飲めば…ん?本末転倒か。

 

痛風の原因

痛風は血液中の尿酸が増える病気

「痛風」は、その名の通り、風が吹いただけでも激しい痛みに襲われるのが特徴です。始めは足の親指の付け根が痛み、真っ赤に腫れます。痛みは2~7日間ほどでおさまりますが、また突然痛み出します。痛む場所も、足の親指の付け根だけでなく、ほかの足の指や手の指、足首、ひざ、ひじなどの関節が痛むようになる場合があります。

やがて痛みと痛みの間隔が徐々に短くなって頻繁に痛むようになり、そのうえ1回の痛みの時間は長くなっていきます。痛みの発作が繰り返されることで、手や足の関節が腫れてくることもあり、それを痛風結節と言います。痛風は血液中の尿酸が増えすぎることで発症します。尿酸は新陳代謝によってできる体内の老廃物のひとつで、尿とともに体外に排出され、血液内ではいつも一定の濃度になっています。ところが、何かの原因で尿酸が大量につくられたり、あるいは、体外への排出がうまくできなかったりする状態が長く続くと、痛風になるのです。

血液中の尿酸が増えすぎると、なぜ関節がひどく痛むのかというと、尿酸は体液に溶けにくいからです。体液に溶けにくい尿酸は、結晶となって体内にそのまま沈着してしまいます。なかでも関節は尿酸が沈着しやすい場所で、多くの尿酸がここに留まります。すると、たまった尿酸に対して、白血球は異物であると認識して攻撃を始めるのです。この白血球の攻撃にさらされることで激痛が起こるのです。痛風の発作は、何の前触れもなく突然起こりますが、夜中や明け方に起こることが多いと言われています。また、女性よりも男性のほうがなりやすく、特に中年男性に多いとされています。

痛風の治療・予防方法

1治療方法

痛風の治療には、尿酸値を上手にコントロールするための薬物療法と食事療法があります。正しい治療を受ければ、健康的な生活が送れるので、特に心配する病気ではありませんが、そのまま放置すると、関節の痛みがひどくなったり、場合によっては腎臓を悪くすることも。症状が出たら、すぐに治療を始めましょう。一度めの発作は長くても1週間ほどでおさまりますが、それで治ったわけではありません。また、投薬により痛みがおさまっても、1年以内に再発する確率は高いので、途中で治療をやめたりせずに医師の指示に従いましょう。

  • 薬物療法

    痛みの発作が起きた場合は、発作を止めるために非ステロイド系消炎薬を処方します。発作中に、尿酸値を下げるための薬を始めたり、増やしたりすると、症状が悪化することがあるので、尿酸をコントロールするための薬を服用するのは、発作がおさまってからが一般的です。ただし、すでに尿酸を減らすための薬を服用している場合は、発作中も服用を続けます。痛みの発作がおさまったとしても、それで完治したわけではなく、尿酸をコントロールするための薬は一生続けるのが基本です。くれぐれも自己判断で、途中でやめたりすることは避けてください。

  • 漢方薬療法

    薬物療法は肝臓に負担をかけることから、たとえ一生服用するにしても、量をなるべく減らしたい、痛みの発作をなんとか軽減したいとして漢方薬を利用する人もいます。頓服薬として用いるなら、芍薬甘草湯や桂枝加朮附湯が処方されます。体質改善には、便秘や冷え性など、各自の症状に合わせて処方されます。なかには、体質改善が成功し、尿酸値が下がったという人もいるそうです。

2予防方法

痛風の治療・予防の主流は、なんといっても食事療法です。基本は、尿酸の素になるプリン体を摂り過ぎないようにすることです。最近では、尿酸値をコントロールするために効果的な薬も多く、以前に比べれば、プリン体を厳しく制限するほどではないのですが、とはいえ、プリン体の過剰摂取に注意し、バランスのよい食事をすることが大切です。

  • バランスのよい食事

    バランスのよい食事は健康の基本です。まずは、栄養バランスに気を配りましょう。そのなかで気になるのがプリン体です。実際には食べ物から摂取するプリン体は全体の2~3割で、残りは体内で生成されると言われますが、摂り過ぎには注意したいものです。プリン体は、かつお節や干物などの旨味成分であるイノシン酸やレバー、肉類などに多く含まれます。良質のたんぱく質は必要ですが、できればプリン体の少ない大豆や赤身肉などで摂るようにしましょう。

  • 水分補給/アルコールは控える

    尿酸をなるべく体外へ排出するには、多くの尿をつくることが必要です。また、体内の水分が足りないと、尿酸が腎臓にたまって腎結石になる可能性も。できるだけ水分補給を心がけましょう。目標としては、一般の人の2倍近い水分補給を目指しましょう。ただし、一度にガブ飲みしてはダメです。水分補給もバランスよく、少しずつ行いましょう。水分補給は大切ですが、アルコールは水分補給にはなりません。ビールにはプリン体が多く含まれていることはよく知られていますが、ビール以外のアルコールでも痛風を悪化させる可能性があります。なぜなら、アルコールが分解される時、尿酸が生成されてしまうからです。またアルコールには、腎臓からのプリン体の排泄を抑制する作用があるとされているので、できるだけアルコールは控えるようにしましょう。

  • 減量する

    くわしい仕組みはまだわかっていませんが、大量の脂肪は、尿酸の排泄を妨げることがわかっています。つまり、肥満の人は、肥満というだけで尿酸値が高くなる傾向があるのです。カロリー控えめにして減量を心がけましょう。

  • 激しい運動NG

    肥満を防いだり、ストレスを発散させるために運動は効果的ですが、息が切れるほどの激しい運動は逆効果です。息が切れるということは、体内では酸素不足になっている状態で、酸素不足は尿酸の生成を促進すると言われています。また、激しい運動で肉体が疲労すると、疲労物質である乳酸がたくさん生成されます。乳酸が増えると、尿酸の排出が抑制されることがわかっています。結果として、体内の尿酸値が高くなってしまうので注意が必要です。

痛風はぜいたく病と言われた時代があるそうですね。痛風で一番怖いのは合併症だそうです。特に腎臓の機能が低下するのが怖いそうですよ。食生活に原因があることも多いらしいので生活習慣病のひとつとしても注意が必要だとか。プリン体0に替えなくちゃと思うこの頃なのでした。

水素水と痛風の関係性

  • プリン体分解で活性酸素が増える?
    水素水の抗活性酸素作用が痛風の改善につながるといった研究報告はない

    体内に取り込まれたプリン体を分解する時、活性酸素ができることがわかっています。また、ビールや酒のつまみになるレバーや白子、魚介などはプリン体を多く含む食べ物です。つまり、お酒を飲む機会が多い人は、プリン体を多く摂取する機会が多い可能性があります。言い換えれば、活性酸素が多く生成される機会が多いとも言えます。

    そこで、活性酸素の除去作用がある水素水をうまく活用したいものです。活性酸素が増えすぎることは、体内にとって良くないことはご存じの通りです。まだ水素水の抗活性酸素作用が痛風の改善につながるといった研究報告はないのですが、少なくとも体内での活性酸素による悪影響を取り除くことはできると言えそうです。

結論
痛風の改善効果はなし
水分補給やストレスの軽減などに水素水が役立ちそう

痛風の原因は、遺伝や薬の副作用など、自分の努力ではどうにもならないものもありますが、多くの場合、生活習慣の見直しで予防できたり、改善できたりします。痛風は、比較的コントロールがしやすい病気とも言われており、きちんと対処すれば痛みの発作は二度と起こらないこともあるそうです。

水素水で痛風が予防できる、水素水を飲用すれば症状が改善できるとは言えませんが、痛風にとって大事な水分補給やストレスの軽減などに水素水が役立ちそうです。体内の尿酸を少しでも多く排出するには、尿となる水分補給が欠かせません。それなら、普通の水よりも、体内の活性酸素を除去する効果のある水素水を摂取するほうが、体のためにもいいと思いますよ。

4つのタイプでどれが1番?水素水の取り入れ方を比較