水素水なび » 飲む以外にもある水素水の活用法 » お風呂

お風呂

一般的に飲用として知られる水素水を活用した水素風呂とはどんなものか、水素風呂の効果や人気商品を紹介します。

水素風呂で家族みんなのお肌ケア

そもそも水素風呂とは、浴槽の中に水素水を入れたお風呂のことをいいます。飲用する場合には直接体内に取り込みますが、お風呂として使用すると全身の皮膚から一度に吸収し浸透させることができるといわれています。また、揮発した水素を吸い込むことによる効果も期待できます。水素風呂は特に皮膚疾患がある人などにはおすすめとされています。ちなみに生活習慣病などの病気や症状の改善には飲用が勧められています。

水素風呂は、いくつかのタイプがありますので紹介します。

  • 電気分解して発生させる機器をつかったもの
  • 専用の粉末を使って化学反応を起こさせて水素を発生させるもの
  • マグネシウムなどによる化学反応で水素を発生させるもの
  • 圧力をかけて水素ガスを注入するもの

水素が全身に行き渡るのにかかる時間が7分くらいといわれていますので、おすすめなのは10分以上かけてぬるめの湯にじっくり浸かること。特に冷え性の人や肌のトラブルに悩む人、ダイエットや肩こりなどの人におすすめです。

水素風呂の効果とは

水素風呂は、皮膚から吸収されるだけでなくガスとなった水素を口から吸入することもできるためダブル効果が期待できます。

水素風呂は、特に肌に浸透しやすく肌の奥で生成蓄積された活性酸素を排出する効果があることから、シミやくすみ、シワ、たるみ、乾燥、ニキビなどを改善する効果が期待できます。さらに水素には代謝を促進する効果や血行促進効果などもありますので、冷え性や疲労回復を始め、ダイエット効果もあります。また体内の活性酸素を取り除く効果が働いて老化を抑制したり遅らせるアンチエイジング効果もあるといいます。生活習慣病に対しても有効で、血圧が高い人の数値が下がるという効果もあるといわれています。もちろん入浴の温熱効果によるリラックス効果も、普通のお湯以上に期待できます。湯上りのぽかぽか感が普通のお湯と比較すると全く違い持続するという声も多く効かれます。

医療機関によっては、温熱療法や皮膚疾患の治療に家庭用の水素風呂や水素水を使った温熱療法を取り入れているところもあるといいます。

水素風呂の商品を紹介

マルーン(malloon)

小型・充電式なので旅行にも携帯できます。野菜の残留農薬除去などにも使えます。

  • 価格:81,000円
  • 水素発生量:1.416ppm
  • 水素発生時間:20分
  • 酸化還元力:-493mV 

グリーニングスパ/風呂用水素発生器

電気分解によって水素を溶存させるタイプです。充電式でそれ以外のコストは不要なのでコスパのいい商品です。ただし水素の効果が一部に限定されるのがデメリット。

  • 価格:75,000円
  • 水素発生量1,986ppb

ハイドロジェンダーパウダー/水素発生入浴剤

入浴剤と同様にお風呂に投入するタイプ。風呂内部に水素ガスが広がるので、吸入による取り込みも十分です。また投入直後より経過時間が長い方が濃度が高くなり一晩経ってもまだ効果が持続します。

  • 価格:800円/袋(成分:硫酸Na、クエン酸、水素化Mg、スクワラン、アスコルビン酸、加水分解コラーゲン、トコフェロール、シリカ)
  • 水素発生量(風呂全体):15分後/0.25」ppm~8時間後/0.41ppm

BukuBuku/水素入浴剤

世界各国で特許取得した製法を用いた入浴剤です。専用の容器に入れて沈めるだけで純度の高い水素が発生し、吸入することで体内に取り込まれます。5時間以上その効果を維持します。

  • 価格:10,800円/30袋
  • 水素発生量:不明

ナノ水素スパ/風呂用水素水

投入すると泡になって水素が発生するタイプ。直後は高い濃度になり徐々に下がるものの翌朝もまだ残留水素は高い濃度を維持しています。コスパも1袋あたり230円と比較的リーズナブルです。

  • 価格:2,369円/500g(10回分)
  • 全成分:硫酸Na 炭酸水素Na 塩化Na 窒化ホウ素 炭酸Mg 炭酸K クエン酸Na
  • 水素発生量:直後0.92ppm~9時間後/0.87ppm

これ以外にもいろいろな水素風呂商品が販売されています。高い効果はきたいできるものの、コスト面から見ると一般的な入浴剤などと比較しても割高になることは間違いないようです。

ですから、「今日は忙しかった」「最近疲れがたまっている」といった時のスペシャルケアとして上手に活用するといいですね。1回でも十分体があたたまり、血行を良くして心地よい睡眠へと導入してくれるので、心身ともにリラックスすることができるでしょう。