水素水なび » 飲む以外にもある水素水の活用法 » 二日酔い

二日酔いを解消する方法

適量のアルコールならば健康にも良いのですが、つい飲み過ぎてしまうと、翌日二日酔いに悩まされてしまうこともあります。そもそも、二日酔いとは何でしょうか? なぜ二日酔いになってしまうのでしょうか? ここでは、二日酔いの原因や様々な症状について具体的に解説します。

二日酔いになる理由

アルコールの分解・無毒化する仕組み

アルコールは、胃から20%、小腸から80%が吸収され、肝臓へと運ばれます。肝臓へ運ばれたアルコールはADHと呼ばれる酵素によって分解されて、有毒なアセドアルデヒドに変化。アセドアルデヒドはALDHによって分解されて、無毒化された状態で体外へと排出されます。

肝臓で分解しきれなかったアルコールは、血液に乗って全身を巡ったのち、再び肝臓に戻って同じサイクルへ。このサイクルが繰り返されながら、アルコールが徐々に体から抜けていきます。

有害物質「アセトアルデヒド」の処理待ち

アルコールは体外に抜けるまでの工程の中で、必ず一度アセドアルデヒドに変化しなければなりません。アセドアルデヒドは毒性が強いため、分解されずに体内に残っていると、頭痛、吐き気、胸やけ、のどの渇き、脱力感など、二日酔いによる様々な症状を引き起こしてしまいます。

これら二日酔いの症状を解消するためには、すぐにでもアセドアルデヒドを分解処理しなければなりません。ところが飲み過ぎてしまうと、分解処理には時間がかかります。つまり二日酔いの状態とは、アセドアルデヒドの処理待ちの状態ということでもあるのです。

利尿作用による脱水状態

普段、私たちの体の中では抗利尿ホルモンが分泌されています。このホルモンの働きによって、排尿の頻度が管理されています。ところがアルコールを摂取すると、抗利尿ホルモンの働きが低下。排尿のコントロールが効かなくなり、トイレが近くなってしまいます。

これをアルコールの利尿作用と言いますが、この作用によって体内の水分がどんどん奪われて、やがて脱水症状へと陥ります。この脱水症状が二日酔いの原因の一つ。頭痛、だるさ、吐き気、食欲不振などの症状は、アルコールの利尿作用による脱水症状が原因となっている場合もあるのです。

低血糖状態

肝臓には様々な働きがありますが、アルコールが体内に入ってくると、他の働きをストップしてアルコールの分解に集中します。この間、肝臓は、炭水化物などを糖に換えるという大事な働きまでストップしてしまうため、血液中の糖の量が減って低血糖状態に陥ってしまいます。

 普段から血糖値が低い方の中には、めまいや立ちくらみ、頭痛などを経験したことのある方も多いでしょう。アルコールを摂取したときにもめまいや立ちくらみ、頭痛などを経験することがありますが、これはアルコール摂取による低血糖の影響でもあるのです。

二日酔いの症状別に解消するポイント

吐き気

原因
二日酔いで吐き気をもよおす主な原因は3つ。1つ目は、脱水症状による脳髄液の減少。脳圧が変化して吐き気の原因となります。2つ目がアセドアルデヒド。毒性の強いアセドアルデヒドが法と中枢を刺激して吐き気を誘発します。3つ目が胃酸過多。アルコールの影響で胃酸が大量に分泌され胃内膜に炎症が生じ、吐き気につながることがあります。
解消方法
まずは脱水症状を解消するために、水やスポーツドリンクをたくさん飲んでください。あわせて、アセドアルデヒドの分解を助けるタウリン、オチアミンなどの成分を摂取します。しじみに多く含まれる成分です。胃酸過多に対しては、胃腸薬を上手に利用しましょう。胃酸を抑える胃酸分泌抑制薬や、胃内膜の修復を助ける胃粘膜保護剤などの薬が有効です。
水素水
二日酔いによる吐き気の原因は、アセドアルデヒドと活性酸素の増加。2016年、三重大学の研究グループは、水素にアセドアルデヒドを無害化させる還元力があることを突き止めました。また水素の活性酸素除去効果は、すでに広く知られているところです。水素水は毒性のある両成分を抑えるため、二日酔いによる吐き気の解消効果があるとされています。

頭痛

原因
二日酔いで頭痛が起きる原因は3つ。1つ目が血管拡張によるもの。アルコールの影響で頭部の血管が拡張し、頭痛が起こります。2つ目が脱水症状。脱水症状によって脳髄液が減少し、脳が沈んで静脈を刺激することが原因です。3つ目がアセドアルデヒド。毒性の強いアセドアルデヒドが、頭痛に何らかの影響を及ぼしていると考えられています。
解消方法
まず拡張した血管をもとに戻すために、首筋を冷却します。冷却シートや氷を包んだタオルなどを利用しましょう。同時に、脱水症状を解消するために、水分をたくさん摂ってください。水でもスポーツドリンクでも可です。さらに、アセドアルデヒドの分解を助ける成分を摂取すること。じじみに含まれるタウリン、オチアミンなどの摂取が有効です。
コーヒー
コーヒーに含まれるカフェインには、血管を収縮させる働きがあります。二日酔いによる頭痛の最大の原因は脳内の血管拡張なので、コーヒーを飲むことで血管を収縮させることにより、頭痛を軽減させることができるでしょう。ただしカフェインには利尿作用があるので、同時に水分補給をすることを忘れないようにしてください。

胸焼け

原因
二日酔いによる胸焼けの原因は、胃酸過多です。アルコールを飲むと、胃の内壁が刺激されて胃酸が多く分泌されます。分泌される量が適度であれば良いのですが、あまりにも過剰に分泌されると、胃酸は食道へと逆流。胃酸は消化力が強い成分のため、食道がの壁が刺激されて焼けるように痛みます。それが胸焼けです。
解消方法
胃酸の過剰分泌を抑えることで胸焼けが解消します。「胃酸分泌抑制薬」に分類される胃腸薬を飲むことで、速やかに症状が改善するでしょう。また、胃酸が過剰分泌されているときは、胃の粘膜が炎症を起こしている可能性があります。炎症を悪化させないための「胃粘膜保護剤」なども併用しておくと良いでしょう。
胃腸薬
二日酔いによる胸焼けの原因は、胃酸の逆流です。逆流する理由は、胃酸の分泌量が多すぎることです。水分補給で胃酸を薄めれば、胸焼けの痛みが一時的には改善するかも知れませんが、水分に胃酸の分泌量自体を減らす働きはありません。胸焼けを解消するためには、水分よりも胃腸薬を利用したほうが良いでしょう。

脱力感

原因
二日酔いによる脱力感の原因は、アルコールによる利尿作用。アルコールには、抗利尿ホルモンの働きを抑えて排尿を促す作用があります。その際、水分とともに、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルも一緒に排出されます。これらのミネラルは筋肉の収縮に不可欠な成分。不足すると筋肉をうまく操れない状態、つまり脱力感となって現れます。
解消方法
脱力感の原因は利尿作用による脱水症状なので、まずは水分を補給することが前提。ただ直接の原因は、水分不足というよりも、水分と一緒に排出されたミネラル不足です。そのため、水分補給とともにカルシウムやマグネシウムなどを摂取しましょう。ミネラルの豊富な野菜ジュースや、場合によってはサプリメントを利用するのも効果的です。
グレープフルーツジュース
二日酔いによる脱力感を解消するためには、水分補給とともにカルシウム、マグネシウムなどのミネラル成分も一緒に摂りましょう。ミネラルが豊富に含まれている飲み物としておすすめなのが、グレープフルーツジュース。グレープフルーツにはアセドアルデヒドの分解をサポートする働きもあるため、他の二日酔いの症状の改善効果も期待できます。