水素水なび » 飲む以外にもある水素水の活用法 » ペット(犬・猫)

ペット

水素水は人間だけでなく、ペットの健康維持やストレス解消、ニオイのトラブル解消にも役立つといわれています。どんな効果が期待できるのか、解説します。

水素水はペットの健康やニオイのケアにもお役だち

まずは水素水がペットに役立つ効果をピックアップしてみます。

  • 体臭や尿臭が少なくなった
  • 皮膚トラブルがなくなった
  • 毛艶が良くなった
  • 老犬が元気になった

また、ペットの病気に対してなんらかの効果があったとする例もあるようです。

  • 腎臓病の猫に飲ませたら数値が下がった、食欲が出てきた
  • 皮膚疾患のある犬に水素水を飲ませていたら改善した
  • 水素水を犬の肌にかけていたら皮膚炎が改善した

獣医師の中には水素水を治療動物に対して積極的に使用しているところもあるようです。

水素水はどのようにペットに働くのか

水素水がペットに与える効果については、まだ研究や検証の段階です。ただ、既に活用しているペットの例を見てみると、さまざまな成果を上げているケースが少なくありません。

その理由は、なんといっても水素水の持つ『活性酸素除去作用』によるものが大きいでしょう。犬や猫の死因の7割以上が癌・心臓病・腎臓病だといわれています。これらの病気は、人と同じく様々な要因によって発生する活性酸素による細胞のダメージが原因であることは間違いありません。水素水には高い活性酸素を除去する作用があります。そこで水素水を体内に取り入れることによって、このような死因の大半を占める病気の原因が排除されるといえます。

水素水によって細胞が活性化されて新陳代謝が促進されると、先にあげた皮膚疾患や腎臓病をはじめとして歯周病や糖尿病、消化器官の不調などを改善することがが期待できると言います。

ペットも老化によって体調を崩すこともありますが、自分の声でそれを訴えることはできません。飼い主が予防や改善のためにできることを日頃から心がけてあげることがペットの幸せに繋がるといえるでしょう。

ペットの水素水で気を付けたいこと

ペットに水素水を与える際には注意すべき点がありますので紹介しておきましょう。

安全な商品であること

ペットは人に比べて体が小さくて添加物などに対して強く反応することがありますので、信頼できる製品を選ぶようにしましょう。

ナトリウムに注意

ペットは腎臓病を発症するリスクが高く、中にはナトリウムの摂取量を制限されていることがあります。水素水の中にはナトリウムを含んでいるものもあるため、成分量をきちんと確認するようにしましょう。

ミネラルの量に注意

ペットの多くはペットフードを食べています。市販のペットフードはミネラルバランスを考慮されているため、ミネラル入りの水素水を与えると過剰になってしまうことも。そうすると尿結石症などの病気になってしまうこともあるのです。ですからミネラルを含まない水素水を選ぶことが大切です。

最近では、ペット用の水素水も販売されています。安易に人間用のものを与えるよりは安心かもしれませんね。