HOME » 健康の強い味方水素水に迫る » 活性酸素との関係

活性酸素との関係

活性酸素という言葉は、あちこちで見かけます。体に悪い影響を与える物質として知られていますが、実際にはどんなものなのでしょう。

老化の原因となる活性酸素とはなにか

活性酸素はいわゆる酸素のことですが、実は酸素は体に取って不可欠でありながら、逆に不要な働きも持ちます。

活性酸素は「酸化作用」という働きをもっていて、体に入った細菌などをやっつける殺菌という働きがあります。さらに、体内の酵素がスムーズに働くために働きかける役割もあり、人が健康な体で生きていく上では、絶対に必要なものなのです。呼吸などで体の外から常に取り込まれる酸素のうちの約2%は、こういった活性酸素に変化して働いているとされています。

ただし、活性酸素のもつ酸化の力は非常に強く、何らかの原因で過剰になると、逆に酸化が進みすぎてしまい、体のいたるところへダメージを与えることがあります。

活性酸素が悪影響を与えるのは、体の細胞です。例えば、紫外線や不規則な生活習慣、ストレスなどは活性酸素を過剰に作りだします。その過剰に増えた活性酸素が、体の細胞をどんどん酸化してサビついてしまうのです。すると細胞は急速に元気を失い、シミやシワをはじめとした老化現象の原因となるのです。

体中の細胞の老化は、単に美容を損ねるだけでなく、血管や内臓なども弱らせ、健康にも大きく影響を及ぼします。老化した細胞は活動が鈍くなるため、必要なエネルギーが使用されず、肥満の原因ともなるのです。

健やかな毎日を送るためには、この過剰な活性酸素を除去することが必要不可欠だといえます。

水素水が活性酸素にはたらくワケ

このように細胞をサビつかせてしまう過剰な活性酸素ですが、適正な量まで抑えれば、体は元気を取り戻せます。

とはいえ、活性酸素は日常生活の中の様々な要因で増え続ける傾向にありますが、このままでは体はサビついてトラブルや不調ばかりが増えてしまいます。そこで活性酸素を排除する働きである抗酸化作用を高めることが重要となってきます。

私たちの体にはトラブルに対処するためのシステムがあり、酸化に対応するための抗酸化のシステムも当然備わっています。酸化と抗酸化がバランスよく体内で行われていれば、健康を維持できるはずですが、実際には増え続ける活性酸素を抑えきれていないのが現状です。そこで、酸化を抑える抗酸化の働きを補ってあげることが、健康を維持する秘策というのは納得ができますね。

そこで、このような高い抗酸化力に注目され話題となっているのが水素水です。

水素には高い抗酸化作用があることがわかっています。抗酸化作用とは、活性酸素を除去する作用のこと。その高い抗酸化作用によって細胞にダメージを与えていた活性酸素が減少し、細胞を修復して体の不調を根本から改善することが期待できます。

さらに、水素は粒子がとても小さいため、血管などを超え、体の隅々まで到達できるのも特徴です。まさに全身に抗酸化作用を働かせることができるのです。