HOME » 健康の強い味方水素水に迫る » 現在の活用事例

現在の活用事例

最近、水素水の評価は非常に高まりさまざまなシーンで見かけるようになりました。例えば、公共の場や一般家庭などその応用の場所は増えています。水素水は現在どのような場所で活用されているのか紹介します。

こんなところでも取り入れられている水素水の活用事例

老人介護施設

近年、老人介護施設でO-157をはじめとした食中毒などの感染性疾患による集団感染の記事を見かけることがあります。高齢者は免疫力が低下していることや、持病がある人も少なくないため感染症のリスクが高いといえます。そこで施設で使用するすべての水を水素水に変えて選択から食事、日常生活や洗浄まですべてカバーして、健康維持と館内の除菌やウイルス除去に活用しているそうです。薬剤を使用していないため、安心して使用できると好評です。

空港内の飲料水

世界でトップクラスと言われる空港では、近年飲料水として水素水サーバーによる提供を一部介しているといいます。世界の航路のハブ地点として日々多くの人が活用している空港における、さらに高いレベルのアイテム導入として評価されています。

自動車ディーラー

近年エコロジーの観点から、ハイブリッド車などの販売開発に力を入れている自動車ディーラーの中には、お客さまサービスの一環として導入しているところがあります。クリーンエネルギーである水素を使った水素燃料の自動車開発も行っていることから、そのキャンペーンと水素の認知度アップのために行っています。

総合スポーツ施設

地域に根差したスポーツ総合施設に置いて、スポーツの推奨や健康の増進のための地域サービスの一環として、トレーニング施設の飲料水に水素水を導入しています。利用者の疲労回復や活性酸素の除去に活用しています。

総合病院

地域医療の支援を行っている大森日本赤十字病院では、患者サービスとしてレストランに水素水サーバーを導入し無料提供しています。また、日本赤十字社としての活動の一環として、災害対策を念頭に災害時の飲料水の供給対策も検討。貯水槽の水を水素水として供給することを視野に入れていると言います。

スポーツクラブ

会員制スポーツクラブの中には、水素水サーバーを導入して運動後の活性酸素の除去や疲労回復に役立てています。

水素水愛用者の口コミ評判

  • 小さいころから器官が弱く、ぜんそくでつらい毎日を過ごしていました。薬や治療ではなかなか良くならずに悩んでいましたが、水素水の評判を聞き飲み始めました。はじめて数ヶ月で咳が少なくなり、続けていたところ苦しかった呼吸も楽になりました。すっかり良くなった今も体調管理のために飲み続けています。
  • 息子がひどいアトピーで毎日かきむしって血が出るほどでとてもかわいそうでした。ステロイドは使いたくなかったので、水素水を始めてみることにしました。飲み始めて1ヶ月ほどで痒みが治まり、今ではカサカサしていた肌もとてもきれいになりました。このまま続けていこうと思っています。
  • 40歳を過ぎたころから疲れが取れず、仕事も家事もやる気が出ずに家で横になることが多くなりました。このままではいけないと思い、水素水を試してみたところ2~3日で体がとても軽くなりました。そこで思い切って家にサーバーを置いて飲んでいますが、すこぶる快調です。家族も毎日飲んで病気知らずです。
  • スポーツが趣味で毎日運動は欠かさないのですが、最近疲れが取れないのを感じていました。ジムで見かけた水素水を飲み始めたところ、体がみるみる軽くなり動きもスムーズになるのを感じました。今は毎日水素水を飲みながら楽しんでいます。