水素水なび » おすすめなのは?水素水をタイプ別に比較

4つのタイプでどれが1番?水素水の取り入れ方を比較

水素水には4つのタイプがあって、使う人のニーズに合わせたものを選ぶのがポイント!

「水素水サーバー」「ペットボトル・パウチ」「水素水スティック」「水素水サプリメント」のどれがいいのかはあなた次第。どんな風に使いたいか、使う目的やシーンも考えて選びましょう。

目的や使い方が決まれば、あとはどのタイプが最適かを決めればOK!比較表を参考にし早速水素水生活を始めましょ!

 

イチバン良いのはどれ?水素水の比較早見表

  • 1ヵ月のコスト
    水素水の効果をしっかり感じるために必要な量を取るために必要なコストです。
  • 1ヵ月に使用できる量
    水素水はできるだけこまめに、毎日飲むのがベスト。たっぷり飲めるのはどれかをチェック。
  • 持ち運びしやすさ
    いつでもどこでも水素水を飲みたいのなら、持ち運びのしやすさも重要ですね。
  • 水素濃度
    同じ量の水でも、どれくらいの水素が溶けているかは気になるトコロ。水素濃度が濃ければ良いというわけではありませんが、チェックは必要です。
  • 水素の残存量
    水素はごく小さな分子なので、容器からすぐに抜けてしまうのが難点。残存量にも注目しましょう。
水素水のタイプ 1ヵ月のコスト 1ヵ月に使用できる量 持ち運びしやすさ 水素水濃度 水素の残存量
水素水サーバー
水素水サーバー
約5,000円 好きなだけ
飲み放題
つめかえる
必要あり
中濃度 できたてなので
残存量が高い
水素水ペットボトル・パウチ
ペットボトル
パウチ
約10,000円 1日1本 持ち運び
しやすい
充填時は高濃度 残存量は低い
水素水スティック
水素水スティック
約6,000円 好きなだけ
飲み放題
持ち運び
しやすい
低濃度 できたてなので
残存量が高い
水素水サプリメント
サプリメント
約10,000円 1日3粒ほど 持ち運び
しやすい
不明 不明

比較してみてわかる水素水サーバーの優秀さ

4タイプの水素水を比較してみたところ、水素水サーバーの優秀さが光る結果となりました。

まずは1ヵ月のコスト。水素水サーバーはレンタルと購入のものがあります。購入するとなると20万円ほどの予算が必要ですが、レンタルサーバーの月額費用が約5,000円。他タイプと比較しても、コスパに優れているのがわかります。

コストが安いうえ、サーバーの場合、水道直結型のものを選べば、水素水がいくらでも飲み放題というメリットも。これは水素水スティックも同様ですが、コックをひねるだけですぐに水素水が飲めるサーバーに軍配が上がります。

水素濃度ではペットボトル・パウチタイプが上。ただし水素水は分子が非常に小さいため、数週間するとほとんど水素が抜けてしまっている…ということもあるので、注意が必要です。

その点で考えても、サーバーやスティックなど、できたての水素水が飲めるアイテムは優秀だといえます。ただし、水素水スティックはある程度の濃度を出すためには、10時間以上の準備が必要。すぐに作ってすぐに飲めるサーバーが、一歩抜きに出ている結果は変わりません。

持ち運びのしやすさという点では、一度水筒などに移しかえる必要があるサーバーは劣りますが、それを補って余りあるほどメリットが多いことがわかります。

ちなみに水素サプリについては、専門家からもまだどれほどの効果があるのか、不明瞭な点があるとの声が挙がっています。水素水のパワーを効率的に取り入れたいのなら、やはりサーバーがオススメと言えます。

毎日飲むならコレ!水素水サーバー比較