HOME » おすすめなのは?水素水をタイプ別に比較 » レンタルVS購入

レンタル?購入?水素水サーバーの導入方法

水素水サーバーにはいろいろなものがありますが、家庭やオフィスに導入する方法としては『レンタル』と『購入』があります。その違いについて、わかりやすく比較してみましょう。

水素水サーバーを導入するにあたってまず悩むのが「買うか」「借りるか」ということです。水素水サーバーの効果はわかっていても、決して安い買い物ではありません。長期的に使ってこそ効果がある水素水。ですから、長い目で見てどちらが良いかを決めることが大切。そのため、まず考えなければいけないのは、以下のポイントです。

 
  導入費用 1ヵ月あたりの
費用
設置方法 メンテナンス 経年劣化
レンタル 10,000円程度 5,000円程度 レンタル業者が手配・設置工事まで行ってくれる。 定期点検や消耗品の交換、故障対応や交換・廃止の際の工事は、業者が行ってくれる。 劣化したら新しい商品にすぐ変更できる。
購入 本体価格
10~30万円程度
設置工事費
10,000円程度
1,000円程度 購入店舗や専用業者を手配し、工事を依頼する。 部品交換や修理、消耗品の管理や交換などはすべて自分で管理・手配が必要。 買い替える必要があり。

それぞれのメリット・デメリット

  メリット デメリット
レンタル

・高価な本体費用や設置費用が不要なので初期費用が安く済む
・面倒やメンテナンスや管理の手間が不要
・最新機種を手軽に使うことができる

・長期レンタルの場合、トータルでみると購入の方が安い場合がある
・レンタルできる商品が限られている
・契約は年単位なので、途中解約が難しい

購入

・1ヶ月(年間)のコストが安く量を気にせずいくらでも飲み放題
・数年単位の長期的な使用であればトータルコストは安くなる

・初期費用が高額で、導入しにくい
・設置工事などの手配が面倒
・メンテナンスを自分でする必要がある
・保証期間や保障内容に含まれない故障が合った場合に、実費がかかる
・最新機種が欲しい場合、買い替える必要がある

水素水は、毎日継続して飲みたい商品です。そのためには、単に導入する際の条件だけではなく、継続して使用するためにかかる条件を検討して決めなければ、維持するのが困難になります。

一度水素水サーバーを購入してしまえば、トータルコストを考えると安いと考えがち。ですが、フィルターなどの消耗品代がかかる以外にも、清潔な状態を保つためのメンテナンスを自分で行う必要があるなど、決してコスパが高いとは言いにくい状態です。

また、水素水の研究がますます盛んになっている現状では、最新の水素水サーバーが次々に生まれてくる可能性が高いです。より良いサーバーへ乗り換えたくなった場合を考えると、やはりサーバーの購入はオススメと言い難い部分があります。

途中解約でどの程度の費用が掛かるか、先にチェックする必要がありますが、常に最良の状態で水素水サーバーを使い続けるためは、レンタルでの導入が得策といえるでしょう。

毎日飲むならコレ!水素水サーバー比較